製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
パートナー
会社案内
 
- 沿革
- プレスリリース
- 採用情報
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
大企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → 会社案内 → プレスリリース
マカフィー、ビジネスインテリジェンスにおけるセキュリティを提供する「McAfee MOVE」エージェントレスオプションを発表
仮想環境におけるセキュリティ管理と柔軟性を提供
2012年5月23日

セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニー、McAfee Inc.の日本法人、マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 ジャン・クロード・ブロイド、以下マカフィー®)は本日、高性能な単一コンソールにより、様々な物理・仮想上の攻撃に備えて包括的な防御を提供するウイルス対策ソリューション「McAfee MOVE (Management for Optimized Virtual Environments) Anti-Virus(マカフィー マネジメント フォー オプティマイズド バーチャル エンバイロメンツ アンチウイルス)」のエージェントレスオプションを発表しました。McAfee MOVEは、VMware社のvShield ™Endpointとの統合を考慮した設計で、主要なハイパーバイザーにおけるセキュリティの標準化を行う事ができ、仮想化環境における包括的なセキュリティの管理と展開を実現します。

今回、新たに提供を開始するMOVEのエージェントレスオプションは、仮想化環境においてゲストOSにマカフィーのエージェントをインストールしないため、リソースを効率的に利用しながら、マルウェアからの保護を実現し、結果的に配備やセットアップを容易にします。また、マルチプラットフォーム/エージェントレス共に、強力かつ包括的で一貫した防御の提供を、「McAfee ePolicy Orchestrator™(マカフィー イーポリシー オーケストレーター)」プラットフォームにより提供することで、一元管理とレポートの作成が可能です。さらに、VMware社のvShield Endpointとの連携で、仮想デスクトップインフラストラクチャーと仮想サーバー環境のパフォーマンスを最適化しながら、強力な保護を実現します。

MOVEは、マカフィーのグローバル脅威情報サービスであるMcAfee Global Threat Intelligence(マカフィー グローバル スレット インテリジェンス)と連携し、リアルタイムの可視性と予測機能を提供します。あらゆるタイプの仮想化を推進するために、ビジネスニーズとのバランスを取りながら、重要な資産や機密データを保護し、シームレスに単一のコンソールに統合します。

また、データセンター環境では、リソースの共有、パフォーマンスの最適化、所有コストの削減といった、仮想化が実現する基本的なメリットを享受する事ができます。マカフィーは、MOVEプラットフォームを利用している仮想インフラストラクチャー向けにも、Network IPSやサーバーセキュリティなど、柔軟性、効率化、スケーラビリティーなどの仮想化がもたらすメリットを制限せず、エージェントレスの柔軟なトータルセキュリティソリューションを提供します。

McKesson社の情報セキュリティ事業部セキュリティ事業担当シニアディレクター、パトリック・エンヤート(Patrick Enyart)氏は、次のように述べています。
「MOVEの採用により、当社では仮想化環境における一貫した悪質コード対策が可能になりました。当社はクラウドコンピューティングをはじめとした新しい技術を継続的に取り入れており、MOVEの導入によって仮想化環境のセキュリティがさらに強化されました。このソリューションはサイジングや配備が容易になり、すべてのシステムに同じレベルの保護を搭載できます」

VMware社のグローバル戦略アライアンス担当バイスプレジデント、パラグ・パテル(Parag Patel)氏は次のように述べています。
「マカフィーの MOVEとVMware vShield Endpointとの組み合わせは、トップクラスのセキュリティ対策と、デスクトップ/サーバーの両仮想化環境における高いパフォーマンスを約束するものです。ユーザーは仮想化を推進でき、同時にコスト削減も可能にします」

マカフィーのエンドポイントセキュリティビジネス担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのキャンディス・ウォーリー(Candace Worley)は、次のように述べています。
「仮想化は急速に変化するIT環境の基盤を築くことができます。VMware社のvShield Endpointとの統合を考慮して設計された最新ソリューションであるMcAfee MOVEは、エージェントレスでセキュリティを実現でき、配備や管理が容易になります。マカフィーとVMware社は協力して、顧客に必要なセキュリティと管理性を提供していきます」

日本における本製品の提供は、5月25日の開始を予定しています。詳細は、以下のサイトをご覧ください。
http://www.mcafee.com/japan/products/move_antivirus.asp

■マカフィーについて
マカフィーは、インテル・コーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニーです。世界中で使用されているシステム、ネットワーク、モバイルデバイスの安全を実現する革新的なソリューションとサービスを提供し、ユーザーのインターネットへの安全な接続、webの閲覧およびオンライン取引の安全を確実に支えています。マカフィーは、他の追随を許さないクラウドベースのセキュリティ技術基盤Global Threat Intelligence™(グローバル スレット インテリジェンス)を活用して、革新的な製品を送り出しています。個人ユーザーをはじめ、企業、官公庁・自治体、ISPなど様々なユーザーは、コンプライアンスの確保、データの保全、破壊活動の阻止、脆弱性の把握を実現し、またセキュリティレベルを絶えず管理し、改善することができます。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/をご覧ください。

マカフィーでは、セキュリティに関するさまざまな研究成果や調査結果をweb上で公開しています。
詳しくは下記ページをご覧ください。
http://www.mcafee.com/japan/security/publication.asp

McAfee、マカフィーは、米国法人McAfee, Inc.またはその関係会社の米国またはその他の国における登録商標または商標です。本書中のその他の登録商標及び商標はそれぞれその所有者に帰属します。
(C) 2012 McAfee, Inc. All Rights Reserved.