製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
パートナー
会社案内
 
- 沿革
- プレスリリース
- 採用情報
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
大企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → 会社案内 → プレスリリース

※当資料は、2012年9月13日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。

マカフィー、ガートナーのマジック・クアドラント調査において、モバイルデータ保護のリーダークアドラントに選出
企業規模に関わらず、多くの企業でモバイルデータ保護への投資が進むと予想
2012年9月26日

セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニー、McAfee, Inc.(以下、マカフィー)は、調査・コンサルティングのリーディングカンパニーであるガートナー社(Gartner, Inc.、以下ガートナー)により2012年9月6日に発表された「Magic Quadrant for Mobile Data Protection(モバイルデータ保護に関するマジック・クアドラント)」レポート(John Girard、Eric Ouellet)にて、「リーダークアドラント(Leaders Quadrant)」に選出されたことを、本日発表しました。

この調査では、エンドユーザーのモバイルデバイスのデータを暗号化、認証によって保護するモバイルデータ保護(Mobile Data Protection;MDP)製品を提供しているベンダーを評価しています。レポートでは次のように述べられています。「ガートナーの顧客は、情報漏えいによるコストの発生や、自社の評価が傷つく可能性を認識しています。そのため、ガートナーでは、コンプライアンスルールの有無にかかわらず、小企業から大企業までのほとんどの企業がMDPに投資するようになると考えており、管理運用が容易で、導入しやすい価格のソリューションであれば、企業での導入はより早く進むと思われます」

さらにレポートでは、ほとんどの企業がビジネスデータの暗号化を最善の策として認識していることが述べられ、ガートナーは、すべての企業に対してエンドポイントプラットフォーム全体への暗号化製品の導入を推奨しています。ガートナーは、企業のデータ保護に対する動機が、政府や業界の規制に順守するためでも、プライバシーや知的財産の保護への懸念であってもデータ漏えいの損失コストはMDPなどの予防策への投資費用よりも高くなると考えています。

マカフィーのエンドポイントセキュリティビジネス担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー、キャンディス・ウォーリー(Candace Worley)は次のように述べています。
「マカフィーがモバイルデータ保護でリーダークアドラントに選出されたことは、データ保護を容易に使用、管理、所有できるようにする強力な統合ソリューション、自動化されたワークフローツールをお客様に提供する、マカフィーのエンドポイント保護戦略が評価されたことによるものと考えています」

マカフィーのモバイルデータ保護のエンドポイントおよびマネジメントソリューションは、強力な暗号化、アクセス制御、ユーザーの行動の監視、ポリシー主導型のセキュリティにより、データを保護し、機密情報の漏えい、窃盗、不正アクセス、転送を防ぎます。マネジメントプラットフォームであるMcAfee® ePolicy Orchestrator®(マカフィー イーポリシー オーケストレーター;ePO)は、一元管理、ポリシー管理、監視、分析、レポーティングにより、企業のセキュリティ状況を包括的に可視化します。
「Mobile Data Protection Magic Quadrant」レポート全文については、http://www.gartner.com/reprints/mcafee-vol8?id=1-1BZ24W4&ct=120907&st=sbをご覧ください。

■マカフィーについて
マカフィーは、インテル・コーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニーです。世界中で使用されているシステム、ネットワーク、モバイルデバイスの安全を実現する革新的なソリューションとサービスを提供し、ユーザーのインターネットへの安全な接続、webの閲覧およびオンライン取引の安全を確実に支えています。マカフィーは、他の追随を許さないクラウドベースのセキュリティ技術基盤Global Threat Intelligence™(グローバル スレット インテリジェンス)を活用して、革新的な製品を送り出しています。個人ユーザーをはじめ、企業、官公庁・自治体、ISPなど様々なユーザーは、コンプライアンスの確保、データの保全、破壊活動の阻止、脆弱性の把握を実現し、またセキュリティレベルを絶えず管理し、改善することができます。詳しくはhttp://www.mcafee.com/jp/をご覧ください。

マカフィーでは、セキュリティに関するさまざまな研究成果や調査結果をweb上で公開しています。詳しくは下記ページをご覧ください。
http://www.mcafee.com/japan/security/publication.asp

McAfee、マカフィーは、米国法人McAfee, Inc.またはその関係会社の米国またはその他の国における登録商標または商標です。本書中のその他の登録商標及び商標はそれぞれその所有者に帰属します。
(C) 2012 McAfee, Inc. All Rights Reserved.