製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
パートナー
会社案内
 
- 沿革
- プレスリリース
- 採用情報
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
大企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → 会社案内 → プレスリリース

※当資料は、2013年2月27日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。

マカフィー、NSS Labsのセキュリティ回避・脆弱性検出テストで高得点を獲得
高度な脅威に対抗する企業エンドポイント防御能力を実証
2013年3月11日

セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニー、McAfee, Inc.(以下、マカフィー) は本日、NSS Labによる企業のエンドポイント保護に関する2つのレポートにおいて、高評価を獲得したことを発表しました。

NSS Labsの企業エンドポイントセキュリティ検出レポート(NSS Labs Corporate End Point Security Detection)の対エクスプロイト防御テストにおいて、マカフィーの主力製品であるエンドポイント用マルウェア対策製品(McAfee VirusScan Enterprise、McAfee Host Intrusion Prevention、McAfee Site Advisor Enterprise)は、最も高いブロック率と脅威全体の97%をブロックする総合スコアを達成しました。さらに、企業エンドポイントセキュリティ回避テスト(NSS Labs Corporate End Point Security Evasion)において、マカフィーのエンドポイントスイートは、一般的にも使用されている5つの回避技術によるテストを100%ブロックしています。

NSS Labsは、セキュリティ製品のテストや調査を行う屈指の独立機関であり、業界で最も包括的な第三者機関におけるテストを実施することで知られています。様々な規模の企業、政府機関、組織に対して実務に関する調査および分析を提供しています。ほとんどの第三者テストでは、既知のファイルの直接的な検出を測定するのに対し、NSS Labsの対エクスプロイト防御テストは、上記の検出手法を超えて製品のゼロデイ保護を評価できる、数少ないテストのひとつです。

今回NSS Labsのレポートには次の様に記載されています。
「脆弱性の利用をブロックする機能は、エンドポイント防御(EPP)製品に求められる最も重要なタスクの1つです。新しい脆弱性が利用されると、既知または未知のマルウェアが知らないうちにインストールされるだけでなく、犯罪者が脆弱なコンピューターを手動で乗っ取り、結果的に、悪意のあるコードを検出できるように設計されたシグネチャやヒューリスティック検知を巧妙に回避することが可能になります。EPPがエクスプロイトをブロックできれば、エクスプロイトが実行/インストールしようとするマルウェアを、すべて効果的にブロックすることができます。エクスプロイトが送信するペイロードを捕捉する機能も重要ですが、エクスプロイト自身をブロックする機能に比べると、はるかに及ばないでしょう」

NSS Labsのリサーチディレクター、ランディ・エイブラムス(Randy Abrams)氏は次のように述べています。
「現在エンドポイント保護製品において、これまでのシグネチャおよびヒューリスティックのマルウェア検出を超える機能の実現が最も重要であり、また進化を遂げている分野でもあります。エクスプロイトを検出してブロックする機能は、オペレーティングシステム、ブラウザ、Javaのようなアプリケーションの脆弱性を対象とした猛攻から保護する際に最も重要となります。エクスプロイトと闘えないエンドポイント保護製品は、今日においては不十分と言えます」

マカフィーのエンドポイント保護は、ゼロデイエクスプロイトからハッカー攻撃に至るまで、あらゆる領域の脅威に対して継続的に最新かつ強力なセキュリティを提供します。マカフィーのSecurity Connected(セキュリティコネクテッド)プラットフォームの中心となるコンポーネントとして、最新のモバイルデバイスや仮想環境をはじめ、あらゆるエンドポイントに対して完全な保護を提供し、業務用アプリケーションおよび企業データを安全かつシームレスに利用できるようにします。

マカフィーのエンドポイントセキュリティビジネス担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー、キャンディス・ウォーリー(Candace Worley)は次のように述べています。
「マカフィーでは、最新の脅威から企業のお客様を保護できるように、最高品質の製品提供に努めています。NSS Labsのテスト結果によって、エンドポイントに対する多層防御の必要性が明らかになり、マカフィーのSecurity Connectedアプローチが有効であることが認められました。マカフィーは、厳密な試験を通過したクラス最高の実績を誇る業界トップのソリューションによって、エンドポイント間で包括的な保護を提供していきます」

このレポートの全文は、以下からダウンロードできます。(英語のみ)
http://www.mcafee.com/us/resources/reports/rp-nss-labs-corporate-exploit-evasion-defenses.pdf
http://www.mcafee.com/us/resources/reports/rp-nss-labs-corporate-exploit-protection.pdf

マカフィーのエンドポイント製品詳細については、以下をご参照ください。
http://www.mcafee.com/japan/products/system_security.asp

■NSS Labs, Inc.について
NSS Labs, Inc.は、世界トップレベルの情報セキュリティの調査および諮問機関です。テストに基づいた調査と専門的な分析を独自に組み合わせることで、適切なセキュリティ決定を行うために必要な情報をクライアントに提供します。最も規模が大きく、最も要求が厳しい企業の多くのCIO、CISO、および情報セキュリティの専門家が、毎日NSS Labsの考察に信頼を寄せています。1991年に創立された同社は、テキサス州オースティンに拠点を置いています。詳細については、www.nsslabs.comをご覧ください。

■マカフィーについて
マカフィーは、インテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、企業、官公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評あるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。マカフィーは、Security Connected戦略、セキュリティにハードウェアを活用した革新的なアプロ―チ、また独自のGlobal Threat Intelligenceにより、常に全力でお客様の安全を守ります。詳しくは、 http://www.mcafee.com/jp/ をご覧ください。

マカフィーでは、セキュリティに関するさまざまな研究成果や調査結果をweb上で公開しています。詳しくは下記ページをご覧ください。
http://www.mcafee.com/japan/security/publication.asp

McAfee、マカフィーは、米国法人McAfee, Inc.またはその関係会社の米国またはその他の国における登録商標または商標です。本書中のその他の登録商標及び商標はそれぞれその所有者に帰属します。
(C) 2013 McAfee, Inc. All Rights Reserved.