製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
パートナー
会社案内
 
- 沿革
- プレスリリース
- 採用情報
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
大企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → 会社案内 → プレスリリース
マカフィー、インテルと共同開発したハードウェア支援型セキュリティ製品McAfee Deep Defender の最新バージョンでサーバーセキュリティを強化

2013年7月30日

セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニー、McAfee, Inc.(以下、マカフィー)は本日、次世代エンドポイントセキュリティ製品McAfee Deep Defender(マカフィー ディープ ディフェンダー、以下Deep Defender)の最新バージョンである「v1.6」にて、従来のクライア
ントOS に加えてサーバーOS に対応し、サーバーセキュリティの強化を行ったことを発表しました。

Deep Defender は、近年、標的型攻撃にみられるルートキットを使用した高度なステルスマルウェアに対する業界初のハードウェア支援型の次世代エンドポイントセキュリティソリューションです。毎日新たに65,000 個のマルウェアおよび3,500 個のルートキットが発見されていますが、OS 上で動作し、定義ファイルに依存した従来型のウイルス対策製品では、これら従来のアプローチを回避する新種のルートキットを、リアルタイムに検知することが困難になっています。Deep Defender はOS より深いレベルでの監視を行うDeepSAFE(ディープセーフ)テクノロジ
と独自のヒューリスティック型検出エンジンにより、新種のカーネルモード・ルートキットを定義ファイルの更新を待たずにリアルタイムに検知することができます。

「v1.6」では、以下の新機能を搭載しています。

サーバープラットフォームへの対応:サーバープラットフォームとして、以下のOS・プロセッサーに対応し、サーバーに対するサイバー攻撃への防御を強化しました。

  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64 ビット)
  • Intel® Xeon® E3、E5、E7 シリーズ プロセッサー

Windows 8 のサポート:クライアント側での新たなプラットフォームとして、Windows 8 に対応し、ルートキットからビジネスクライアントを保護します。

BIOS 監視機能:BIOS への不正なアクセスを監視しレポートします。これにより、従来のカーネルモード・ルートキットおよびマスター・ブート・レコード(MBR)ルートキットからの保護だけでなく、BIOS に感染するタイプのルートキットの検知も可能になり、より一層強固な対策
を提供します。

また、第3 者機関であるAV-TEST にて実施された、マカフィーを含む数社のルートキット対策製品でのゼロデイルートキットに対する防御テストで、テストに使用された48 個のゼロデイルートキットに対して、マカフィーは唯一48 個すべての検知および防御に成功しました。McAfee
Deep Defender は高度なステルス攻撃に対する保護を実現します。

このレポートの全文は、以下からダウンロードできます。
http://www.mcafee.com/japan/enterprise/deep_safe/independent-reports/

販売・価格について

McAfee Deep Defender v1.6 は、2013 年7 月30 日より単体および本製品を含むスイート製品として提供を開始します。価格は以下のレンジで提供します。

販売については、国内マカフィー製品販売代理店またはマカフィー株式会社(東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティウエスト20 階 Tel:03-5428-1100 (代) )までお問い合わせください。

本製品の提供開始について、各パートナー企業様より以下の通りコメントを頂いています。

インテル株式会社 執行役員 ソフトウェア・サービス戦略本部 本部長 板越 正彦氏は、次のように述べています。
「インテルは、マカフィー社の最新製品である『McAfee Deep Defender v1.6』の発表を歓迎いたします。「モバイル化」と「クラウド化」が劇的に加速する中、取り扱われる情報量も拡大し、それぞれの情報が持つ価値も高くなっています。そのような環境に対しインテルとマカフィーは、ハードウェア支援型セキュリティによる安心・安全の提供を世界規模で提供することができるリーディング企業だと考えております。今回の『McAfee Deep Defender v1.6』は、インテル® VT との組み合わせにより、従来は対処不可であったルートキットへの対応が、エンドポイントのクライアントだけでなく、サーバー側でも利用可能になります。これにより、重要なデータや処理を取り扱う企業の心臓部である基幹サーバーにも、より堅牢なセキュリティが確保されます。世界一安全なクラウド環境の新標準を両者で提供していくために、一層の協力をしていく所存です。」

株式会社 日立製作所 情報・通信システム社 IT プラットフォーム事業本部 開発統括本部長 山本 景宏氏は、次のように述べています。
「日立製作所は、マカフィー株式会社のエンドポイントセキュリティ製品『McAfee Deep Defender』の最新バージョンが、従来のクライアントに加え、新たにサーバープラットフォームにも対応したことを歓迎します。近年、ますます複雑化、高度化するサイバー攻撃へ備える必要
性が高まっています。日立製作所は、未知のルートキットも検出できる先進性をもつ『McAfee Deep Defender』と、日立独自の高信頼なサーバー論理分割機構Virtage の組み合わせに関する技術的な検証を実施してきており、その結果に基づき、データセンターやクラウド環境向けの強固なセキュリティソリューションを提供していきます。」

株式会社富士通システムズ・イースト 執行役員 IT ソリューション本部長 東 純一氏は、次のように述べています。
「株式会社富士通システムズ・イーストは、マカフィー株式会社様の『McAfee Deep Defender』の最新バージョン『v1.6』販売開始を心より歓迎いたします。近年、サイバー攻撃の手法がますます複雑、高度化していく中で、ステルス型攻撃対策として画期的な成果を発揮する『McAfee
Deep Defender』が従来のエンドポイント対策だけでなくサーバーにも対応したことにより、お客様により一層安全なソリューションを提供していけるものと期待しております。」

■マカフィーについて
マカフィーは、インテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、企業、官公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評あるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。マカフィーは、Security Connected戦略、セキュリティにハードウェアを活用した革新的なアプロ―チ、また独自のGlobal Threat Intelligenceにより、常に全力でお客様の安全を守ります。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/ をご覧ください。

マカフィーでは、セキュリティに関するさまざまな研究成果や調査結果をweb上で公開しています。詳しくは下記ページをご覧ください。
http://www.mcafee.com/japan/security/report/default.asp

McAfee、マカフィーは、米国法人McAfee, Inc.またはその関係会社の米国またはその他の国における登録商標または商標です。 本書中のその他の登録商標及び商標はそれぞれその所有者に帰属します。
(C) 2013 McAfee, Inc. All Rights Reserved.