製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
パートナー
会社案内
 
- 沿革
- プレスリリース
- 採用情報
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
大企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → 会社案内 → プレスリリース

マカフィー、侵入防止システム(IPS)仮想版の提供を開始

インテリジェントなセキュリティ ソリューションを仮想環境でも利用可能に

2014年5月13日

セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニー、McAfee, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、プレジデント:マイケル・デシーザー)の日本法人であるマカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジャン-クロード・ブロイド、以下マカフィー)は本日、同社の提供する最先端の侵入防止システム(Intrusion Prevention System、IPS)の仮想版「McAfee Virtual Network Security Platform」の提供を発表しました。McAfee Virtual Network Security Platformは2014年5月20日(火)より、国内のマカフィーの販売代理店を通じて提供を開始します。

現在、多くの企業がプライベート/パブリック/ハイブリッドのクラウド環境や仮想デスクトップなど、データセンターからエンドポイントに至るまで仮想化技術の導入を進めています。しかしながら、これらの仮想環境を支えるネットワークには従来の物理環境よりも、より高度かつ高負荷なセキュリティ要件など、仮想環境独自のセキュリティ課題があります。

マカフィーは、企業が導入を進める仮想環境でも高度なセキュリティを維持し、仮想環境上で利用される顧客の重要なデータを保護するために、従来から提供してきた市場で定評のあるIPSの機能を仮想アプライアンスとして提供します。McAfee Virtual Network Security Platformにより、顧客は仮想環境への移行の際でも、IPSの高度かつインテリジェントなセキュリティ機能をネットワーク上でそのまま利用することができるため、公開サーバーへの攻撃対策、内部ネットワークの脆弱性予防、ワーム/ボット/P2Pなどのネットワーク上でのリアルタイム検知・予防が可能になります。

McAfee Virtual Network Security Platformの主なメリットは、以下の通りです。

  • 高度かつインテリジェントなマカフィーのIPSソリューションを仮想環境でも利用可能
    高い運用性とパフォーマンスを兼ね備えた、市場で定評のあるマカフィーのIPSソリューションを仮想環境に導入でき、柔軟なアクセスコントロールと高度な防御で顧客のITインフラを保護します。また、仮想環境内のネットワーク セキュリティ ポリシーの適用やアーキテクチャ上の違いなど、多様な利用環境にも対応できます。
  • 操作の簡単なWebベースの管理画面を通じて、物理/仮想の両環境を一元的かつリアルタイムに制御
    McAfee Network Security Platformを管理するソフトウェア「McAfee Network Security Manager」を通じて、最先端のコンソールとグラフィカル ユーザーインターフェイスを備えたWebベースの設定・管理機能を提供します。このソフトウェアにより、物理/仮想の両環境のMcAfee Network Security Platformを一元的かつ簡単に設定/管理できます。
  • VMwareとの統合により、仮想環境の保護機能を実現
    McAfee Network Security Platformを、VMware ESXホスト上に仮想センサー アプライアンスとしてインストールできるため、迅速かつ顧客のニーズに応じた柔軟な導入が可能になります。また、不審な通信を発生させている仮想ホストをMcAfee Virtual Network Security Platformの管理画面で確認、および隔離の操作を実行してネットワークを保護することができます。
  • McAfee Advanced Threat Defenseとの連携により、ゼロデイマルウェアを検知・防御可能
    ゼロデイマルウェア対策に有効な検知テクノロジーを備えたMcAfee Advanced Threat Defenseとの緊密な連携により、顧客のITインフラを未知のマルウェアを含む高度なマルウェアから保護します。さらに、McAfee Virtual Network Security Platformでは、マルウェアに感染したホストを隔離できるため、ネットワーク内でのマルウェアの被害の拡大を防止できます。
■価格と提供開始日

McAfee Virtual Network Security Platformは、2014年5月20日(火)より、マカフィーの販売代理店を通じて提供を開始します。価格は49万9,360円〜(税別、管理サーバーを除く)です。

価格に関する詳細は、マカフィーの販売代理店までお問い合わせください。

製品の仕様や仮想版のラインナップなどの詳細は、以下のURLをご参照ください。
http://www.mcafee.com/japan/enterprise/nsp/

■ マカフィーについて
マカフィーは、インテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、企業、   官公庁・自治体、個人ユーザが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評あるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。マカフィーは、Security Connected戦略、セキュリティに  ハードウェアを活用した革新的なアプローチ、また独自のGlobal Threat Intelligenceにより、常に全力でお客様の安全を守ります。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/ をご覧ください。

マカフィーでは、セキュリティに関するさまざまな研究成果や調査結果をweb上で公開しています。詳しくは下記ページをご覧ください。
http://www.mcafee.com/japan/security/report/default.asp

McAfee、マカフィーは、米国法人McAfee, Inc.またはその関係会社の米国またはその他の国における登録商標または商標です。本書中のその他の登録商標及び商標はそれぞれその所有者に帰属します。
(C) 2014 McAfee, Inc. All Rights Reserved.