「2014年 日本市場 IDS/IPS マーケットリーダーシップ賞」受賞レポート

フロスト&サリバン社が2014年6月に発表した「2014年 フロスト&サリバン ジャパンエクセレンスアワード」において、日本法人 マカフィー株式会社は、「2014年 日本市場 IDS/IPS マーケットリーダーシップ賞」を受賞しました。

フロスト&サリバン社コメント:

「2013年マカフィーは、日本のIDS/IPS市場において、市場全体の平均成長率(2.4%)を遥かに上回る12.0%を記録しました。それにより、市場シェア保有率も46.2%と伸ばし、同市場において確固たる地位を確立しました。マカフィーのIDS/IPSビジネスの主な牽引要因には、昨今の巧妙化されたサイバー攻撃の急増、それに伴う情報漏えい事故の多発などが挙げられます。それらがITセキュリティの重要性を日本企業全体に再認識させ、IDS/IPSの必要性を更に向上させた結果と考えられます。中でも、マカフィーは、公共機関やサービスプロバイダーからの需要を大きく伸ばし、その結果今回の受賞となりました」