Content

McAfee Web Protection Content Security Suite

マカフィーは、ビジネスに欠かせないコミュニケ―ションインフラであるWebの強力で柔軟なセキュリティを様々な形でご提供しています。
Webの利用頻度が高まるにつれて、使用アプリケーションの制御やWebのセキュリティ強化のニーズが高まりを見せています。ゼロディ攻撃防御やSSL通信での詳細なチェックで評価の高いマカフィーのWebセキュリティをオンプレミスでも、SaaSでも利用することができます。

Web対策

ハイブリッド/オンプレミス

SaaS

メール対策はこちら

Email&Webトップページはこちら

McAfee Web Protection

Webブラウザーはもっと使用されるITツールの一つです。Webサービスの利用の増加に伴い、Webブラウザーを対象にした攻撃は増加し巧妙さを増しています。マカフィーのWebセキュリティ対策ならマルウェア対策やURLフィルターはもちろん、意図分析(コードレベルの分析、挙動分析、攻撃コード分析)、レピュテーションを活用した業界屈指の強力なセキュリティを実現できます。Web Protectionにはオンプレミスと、SaaSの両方が使えるライセンスです。社内ではオンプレミスのWeb対策を活用してプロキシ、キャッシュ、マルウェア対策を行い、外出時など社外ではSaaSのWebセキュリティを使用することで常に安全なWebセキュリティを実現することができます。

Webl Protection イメージ その1
Webl Protection イメージ その2

お問合わせはこちらから

ページトップへ戻る

Web対策

ハイブリッド/オンプレミス

SaaS

メール対策はこちら

Email&Webトップページはこちら

McAfee SaaS Web Protection

McAfee SaaS Web Protectionは、ビジネスで活用が増えるWebアプリケーションやモバイルによる業務など、多様化するWebセキュリティのニーズにも柔軟に対応できます。

McAfee SaaS Web Protectionのイメージ

強力なフィルター(URL、Webアプリケーション、メディア)の制御

・90以上のカテゴリーを使用して、ユーザーやグループごとにフィルタリング
・アプリケーションごとに利用の許可/禁止が可能
※ 会社で導入したGoogle Appsは許可、個人的なGmailの利用は禁止など
※ Flashコンテンツの許可/禁止、実行形式のダウンロード禁止など

HTTPS/SSL通信のチェックと制御

・HTTPS通信のコンテンツチェックやWebアプリケーションの利用許可/禁止

アンチマルウェアエンジンによる脅威対策

・URLレピュテーションを利用したアクセスの禁止/許可
・ファイルレピュテーションを利用したダウンロードファイルのチェック
・JavaScript、Active-X、Flashなどを詳細にチェック
・未知の脅威にも有効な強力な検知エンジン

お問合わせはこちらから

ページトップへ戻る