McAfee Email Protection

メールは情報交換において最も浸透しているインフラです。これまでも、ウイルス対策、スパム対策、コンテンツフィルタなど脅威の進化とともに強化されてきました。昨今は、標的型攻撃に見られる脅威の更なる巧妙化が進んでいます。また、クラウド、仮想化など新しいテクノロジーの浸透も進みITインフラの環境も変化しています。これらの変化に追従するためにメールセキュリティも日々進化をしています。

より安全なメール環境の構築時に役立つ最新テクノロジー

新しいテクノロジーを活用した対策

マカフィーのメールセキュリティはメールに添付されるマルウェアだけでなく、メールに含まれるURLなどのリンクに対しても高度なチェックが可能になります。攻撃者はメールがメールサーバーに送られる前にセキュリティチェックが行われることを前提にしています。巧妙な攻撃は、メールの送信時にはURLの先に安全なコンテンツを用意し、メールがメールサーバーに到着後に危険なコンテンツに置き換えてゲートセキュリティをバイパスしようとします。
マカフィーのクリックプロテクションなら、ゲートウェイでのチェックに加えて、ユーザーがメールを開封しリンクをクリックした時も、URLやコンテンツの詳細なチェックを行います。また、非表示になっているURLの表示や、ダウンロードコンテンツの安全なプレビューも可能です。

プレビューのイメージ
実際にリンクされているURLの表示やコンテンツを安全にプレビュー

他にも、ゼロデイマルウェア検知を強化するために、McAfee Advanced Threat Defense(ATD)と連携できます。ゼロディマルウェアの検知のため有効なエミュレーションや、先進的なサンドボックスによる動的解析、そして動的解析の弱点を補完する詳細な静的コード解析で、これまでにない高度なゼロデイマルウェア検知を実行します。

Advanced Threat Defenseの詳細な検知と連携

ページトップへ戻る

コスト効果を劇的に高めるスパム対策

受信するメールに対してスパムの割合が非常に多いことは周知の事実です。その不要な大量のスパムメールの処理のために高パフォーマンスのメールセキュリティ製品を大量に導入している例も少なくありません。
マカフィーのEmail Protectionを活用して、メールセキュリティの導入アプライアンスを大幅に減らしコストを大きく圧縮しているユーザがいます。Email Protectionの特徴であるSaaSのメールセキュリティとオンプレミスのメールセキュリティの融合により、SaaS側で多くのスパムを排除することで不要なメールをクラウド側で処理します。このためオンプレミスのメールセキュリティの負荷が下がり、少ない台数で処理を行えるようにしました。
SaaS型メールセキュリティとの融合によるもう一つのベネフィットはオンプレミス側に問題が発生した際にも基本的な対策を継続して行える事です。しかもメールサーバー等に障害が発生している時でもSaaS側で一時的にメールを保持しWebブラウザーで確認することができます。

メールセキュリティのイメージ

マカフィーのクラウドとオンプレミスが連動するメールセキュリティ

ページトップへ戻る

利用形態の違いやITインフラの変化に追従できる柔軟性を確保する

マカフィーのEmail Protectionはオンプレミスを想定して別売りの専用アプライアンスや仮想環境で使用できるライセンスに加えて、SaaSのメールセキュリティも追加料金なしで使用できます。連動させることも別々に使用することもできるので、今後ITインフラ環境に変更が発生してもスムーズなメールセキュリティの移行が可能です。
このドキュメントで紹介したクリックプロテクションが活用できるのは、PCでのメール確認時だけではありません。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでも利用できるセキュリティのため、外出先や出張中でも安心して高機能なメールセキュリティの恩恵を受けることができます。

クリックプロテクションでユーザーを保護するイメージ
モバイルデバイスでも社外でもクリックプロテクションでユーザーを保護

ページトップへ戻る

McAfee Email Protection 製品機能概要

McAfee Email Protectionの主な特長

ウイルス対策 標準搭載
SMTP、POP3
スパム対策 標準搭載
暗号メールの利用 標準搭載
On/Off Box、TLS、S/MIME、Open PGP
監査用メールの転送 OffBox
レピュテーション
McAfee Global Threat Intelligenceと連携した最新脅威情報によるプロテクション
標準搭載
メール送信元、ファイル、リンククリック時のURL
サンドボックス、静的コード解析によるマルウェア検知 McAfee Advanced Threat Defense(別売)との連携が可能
導入構成 透過型ブリッジ
明示的プロキシ
透過型ルーター
SaaS型メールセキュリティ 標準(追加費用無し)
仮想アプライアンス利用可 利用可(追加費用無し)
専用アプライアンス オプション

McAfee Email Gateway用アプライアンス

マルウェアやスパム対策に加えて、コンプライアンスで重視される暗号メールやアーカイブ機能も充実した メール専用セキュリティ対策アプライアンス
  • 包括的なメールセキュリティ対策
  • 柔軟性の高い暗号メール
  • 複合化する脅威に対応
  • 高機能コンテンツフィルター
モデル EG5500 EG5000 EG4500 EG4000
対象規模 通信事業者、ISP、大規模オフィス 中/大規模オフィス 小/中規模オフィス 小規模オフィス
外形 1U
ラックマウント型
1U
ラックマウント型
1U
ラックマウント型
1U
ラックマウント型
プロセッサ数 2×8 Core 6 Core Dual Core Dual Core
メモリー 16GB 12GB 8GB 8GB
ハードディスク容量 6×300GB 2×600GB 2×500GB 500GB
ネットワーク
インターフェース
(論理仕様※1)
4×10/100/1000
2×fiber
(2×10/100/1000)
4×10/100/1000
2×fiber
(2×10/100/1000)
3×10/100/1000
(2×10/100/1000)
3×10/100/1000
(2×10/100/1000)

※1 McAfee Email Gateway v7を使用する場合の論理仕様です。

  • アプライアンスを使用するためにはMcAfee Content Security SuiteもしくはMcAfee Email Protectionが必要です。
  • アプライアンスのスペックは変更になる可能性があります。

ページトップへ戻る

関連ライセンスについて

SaaS Email Protection and Continuity
Content Security Suite
Web Protection

お問合せ

  • ご購入について
  • ご利用中の製品について

ページトップへ戻る

a

こちらは、ご購入に関するお問い合わせのみの対応となります。
ご利用中の製品に関しては法人向け製品サポートよりお問合せください。

  • お客様にご提案される販売店様
  • 導入をご検討のお客様