Content

企業でお使いのスマートフォン・モバイル端末の統合管理に McAfee Enterprise Mobility Management お問合わせはこちら 関連資料はこちら

McAfee Enterprise Mobility Managementは、モバイルライフサイクルの考えで、企業のモバイル端末を統合管理します。 ここではその詳しい機能を紹介します。

セルフサービス・プロビジョニング

企業での利用に必要なデバイスやアプリケーション情報の登録、セキュリティポリシーからネットワーク接続、メールアカウントなどの一連の事前設定を自動化。ITサービスとして必要なリソースを迅速に割り当てます。

モバイルデバイス管理

メールアカウントの設定や管理、パスワードポリシーの徹底、危機の紛失に備えたりリモートワイプやロック、端末の機能の利用制限などを一元管理します。

コンプライアンス認証

企業のセキュリティポリシーを迅速かつ簡単に実装、また不正な端末のブロックやリアルタイム監視による端末の状態の把握、モバイル端末のインベントリ―やログ管理などのレポート機能を実装しています。

ePO による集中的な可視化とコントロール

企業のスマートフォンを統合管理できるMcAfee ePolicy Orchestratorで集中的に可視化、コントロールすることが可能です。コンプライアンス状態の表示、セキュリティリスクの査定やレポートなど、統合されたコンソールから管理できます。

アプリケーション管理

専用のエンタープライズアプリケーションストアで、端末の種類やグループ、資格に基づき、アプリケーションのセキュリティを有効化、インストールの制限や企業のカスタムアプリの配布も可能です。

Android向けウイルス対策

国内で300万台以上※の導入実績のあるAndroid OS 向けウイルス対策製品がバンドルされ、急増するモバイルマルウェアから管理端末を保護します。EMM から各管理端末に配布可能で、配備状況の確認も可能です。 
※2012年2月現在

関連資料

特徴、機能紹介、構成例など、製品の概要をカバーする総合カタログです。
主な特徴、機能概要、技術仕様のご紹介です。
スマートフォン、タブレット合わせて1千台と6千台のPCのセキュリティを一元管理
企業データのモビリティ管理を最適化
Appleモバイル製品に特化したEMMの特徴、機能概要、技術仕様のご紹介です。
McAfee EMMソリューションによるメリットと企業内でのモバイル利用における管理方法について
企業のモバイル管理、その要件、EMMの特徴についてさらに詳しくふれます。
アプリケーションのモバイル化における課題や要件、セキュリティについて
Exchange ActiveSyncで実行できること、ActiveSyncが十分でない理由について
J.Gold Associates社による調査レポート、端末配布のためのチェックリストなどを紹介する資料です
マカフィーが考えるエンドポイントのデータ保護、セキュリティ管理の最適化について
Microsoft ActiveSyncおよびApple iPhone構成プロファイルを使用したAppleデバイスの構成、管理、サポートについて
Microsoft ActiveSyncおよびApple iPhone構成プロファイルを使用したAppleデバイスの構成、管理、サポートについて
スマートフォンなどのモバイル端末の現状を調査し、そのセキュリティリスクについて検討しました。
Androidマルウェアの進化と、一般的な手法、ツールも紹介し、今後このプラットフォームに影響を及ぼす可能性が高い、新しいAndroidマルウェアの脅威に対する見解を示します。
企業のスマートフォン・モバイルの管理でお悩みの方は
お問合わせはこちらから