Keynotes

FOCUS 12 Keynotes

今年のFOCUSの基調講演はジョージ・W・ブッシュ(第43代米国大統領)、女優であり慈善家のエヴァ・ロンゴリア、マカフィー共同社長であるトッド・ゲブハートおよびマイク・デシーザーのほか、業界のリーダーが講演します。


ジョージ・W・ブッシュ大統領
第43代米国大統領

エヴァ・ロンゴリア
女優/慈善家

マイク・デシーザー
マカフィー共同社長

トッド・ゲブハート
マカフィー共同社長

マイケル・フェイ
マカフィー社 フィールドセールスエンジニアリング/先進技術担当 シニアバイスプレジデント


 
George W. Bush
ジョージ・W・ブッシュ大統領
第43代アメリカ合衆国大統領

ジョージ・W・ブッシュ第43代アメリカ合衆国大統領がホワイトハウスでの8年間に対する率直な感想、世界各国のリーダーとの関係、大統領としての指導力と意思決定およびさまざまな国内外の問題についてお話します。

ジョージ・W・ブッシュ第43代アメリカ合衆国大統領について
ジョージ・W・ブッシュ第43代アメリカ合衆国大統領は2001年1月20日に大統領に就任し、2期連続して最高司令官を務めました。大統領就任前は、6年間、テキサス州知事を務めています。

ブッシュ大統領は1946年7月6日、コネチカット州ニューヘーブンで第41代米国大統領ジョージ・H・W・ブッシュとバーバラ夫妻の元に生まれました。1948年、一家はテキサスに転居し、ブッシュ大統領はミッドランドとヒューストンで育ちました。1968年にイェール大学で歴史学士号を取得した後、テキサス州空軍にパイロットとして従軍しました。その後、1975年にハーバードビジネススクールでMBAを取得しています。

卒業後、ミッドランドに戻り、石油会社に勤務しました。1988年、父親が勝利した大統領選の選挙活動に従事し、翌1989年にパートナーのグループを率いてプロ野球チーム・テキサスレンジャーズのフランチャイズを購入しています。

1994年11月8日、ジョージ・W・ブッシュは第46代テキサス州知事に選出されました。1998年11月3日に再選され、任期4年を2期連続で選出されたテキサス史上初の州知事となりました。オースティンでは超党派的な政治アプローチで知られ、小さな政府、個人の責任、強い家族、地元の主導権に基づく思いやりある保守主義で注目を集めました。

大統領としてのジョージ・W・ブッシュは自由、機会、セキュリティを国内外で拡大することに尽力しました。大統領就任後、最初のイニシアチブである落ちこぼれを作らないための初等中等教育法(No Child Left Behind Act)は、学力水準を引き上げること、連邦政府補助金の交付と引き換えに説明責任を負うこと、測定可能な成果を達成することを定めた超党派の法案で、特に少数民族の生徒を重視したものでした。就任中、経済不況に直面し、ブッシュ大統領は連邦所得税のすべての納税者の税金を引き下げ、それによって史上初の52か月間連続雇用創出を実現しました。また、ブッシュ大統領はメディケアの改革も手がけ、処方薬の給付金を増額し、高齢者をはじめとする4,000万人が必要な医薬品にアクセスできるようになりました。

ブッシュ大統領が実施した政策には、12か国以上との自由貿易協定の締結、思いやりの部隊の強化を目的とした米国自由部隊、宗教的奉仕活動およびコミュニティ活性化プラン支援室の創設、生活文化の向上、空気の浄化と米国のエネルギー供給安定化、歴代大統領を上回る規模の海洋保護区の指定、21世紀の脅威の変化に対抗するための軍部の再編および退役軍人への政府支援の倍増、米国の海外支援と統治の改善を連携させた新しい開発戦略、数百万人の命を救ったグローバルなHIV/AIDSおよびマラリアのイニシアチブ、NATO加盟国の拡大、インドとの歴史的に新しい関係の構築が含まれ、米国最高裁の裁判長にジョン・ロバーツ、判事にサミュエル・アリートを任命しています。

ブッシュ大統領の任期中、最大の出来事は、約3,000名が命を落とした2001年9月11日のテロリストの攻撃です。ブッシュ大統領はアメリカ国民を守るため、包括的な戦略で応酬しました。冷戦開始以来、最大級の連邦政府再編を手がけ、情報コミュニティの改革に加え、国土安全保障省などの新しい機関を設立しました。また、米国の脅威であるアフガニスタンとイラクの武装勢力を駆逐するため、グローバル連合を編成して、5,000万人以上を弾圧から解放しました。自由と希望こそがテロリストの過激なイデオロギーに代わる最良の選択肢として、中東や東欧の民主化の新しい動きと反体制派に対して米国史上最大の支援を提供しました。2001年9月11日以降、ブッシュ大統領が7年以上の任期を務める間、米国が再び攻撃されることはありませんでした。

退任後、ブッシュ大統領はテキサス州ダラスのサザンメソジスト大学にジョージ・W・ ブッシュ大統領センターを設立し、今後は図書館、博物館、記録保管所、およびジョージ・W・ブッシュ・インスティチュートを併設する予定です。ブッシュ大統領が2009年秋に発表した同機関は、教育改革、世界の医療、人類の自由、経済成長など、人類を取り巻く状況の改善を目的としています。そのプログラム全体を通して、ブッシュ・インスティチュートはWomen’s Initiativeによって女性の地位の向上にも努めています。また、Military Service Initiativeでは、自由のために犠牲になった米国軍兵とその家族を讃える活動を行なっています。ブッシュインスティチュートでは問題を追及し、パートナーのネットワークにより持続的な成果を達成するため、大統領とその夫人のビジョンを中心に実践的なソリューションを開発しています。同機関は、アイデアを行動に移すことをのミッションとしています。

2010年11月、ブッシュ大統領は『決断のとき』と題した回想録を出版し、同書の中で個人として、また大統領として行なった最大の決断について率直に語っています。

ブッシュ大統領は、友人宅のバーベキューパーティで知り合った教師であり図書館員でもあるローラ・ウェルチ・ブッシュと結婚しました。夫妻には双子の娘、バーバラとジェンナがおり、義理の息子はヘンリー・ヘイガーです。また、ブッシュ一家には2匹の犬、バーニーとミス・ビーズリーのほか猫のボブがいます。
ページトップへ戻る

 
Mike DeCesare, Co-President, McAfee マイク・デシーザー
マカフィー共同社長

マイク・デシーザーについて
マイク・デシーザーは業界大手のテクノロジ企業で20年以上にわたってセールスを経験しています。前職ではマカフィーのグローバルオペレーション担当バイスプレジデントを務め、製造施設、旅行、情報技術のほか、国内外のセールス、チャネル、セールスエンジニアリング、三サルティングサービス、教育サービスなどを統率していました。2007年にマカフィーに入社して以来、世界規模でのセールス拡大に注力し、複数期にわたって収益を2桁成長に導いた実績があります。

マカフィーに入社する以前は、EMCのフィールドオペレーションでシニアバイスプレジデントを務めていました。また、EMCではそのほかに、セールス全般、プレセールス、コンサルティング、トレーニング、テクニカルサポート、パートナー、電話セールスおよびソフトウェア事業のセールス業務のリソースの責任者も務めています。

EMC以前は、Documentumでセールスを大きく成長させた実績があり、同社はその後、EMCに買収されています。Documentumに入社する前の12年間は、Oracleのセールスおよび管理部門でさまざまな上級職を経験し、セールスでは常にトップの成績を達成していました。

ビラノバ大学で文学士の学位を取得し、サンフランシスコの料理学校にも通っていました。
ページトップへ戻る

 
Todd Gebhart, Co-President, McAfee トッド・ゲブハート
マカフィー共同社長

トッド・ゲブハートについて
トッド・ゲブハートは10年以上にわたってマカフィーのリーダーです。以前はエグゼクティブバイスプレジデント兼消費者、モバイルおよび小規模事業担当ゼネラルマネージャとして、パートナーシップの開発と締結、小売のほか、Web直販戦略を担当して消費者、モバイルおよび小規模事業の世界的な拡大を手がけています。その指導の下、マカフィーのグローバルな消費者事業は記録的なセールスを達成し、大手PCメーカー、インターネットサービスプロバイダ、通信会社、金融サービス会社と重要なパートナーシップを数多く構築しました。

1999年にマカフィーに入社した当初は、OEM、サービスプロバイダ、アウトソーシングのセールスチームを統率していました。2002年、マカフィーの消費者事業を担当し、2004年にはモバイル事業もその担当業務に加わりました。

IT業界では25年以上の経験を誇り、シリコンバレーの有名なテクノロジ系企業で上級管理職を多数経験しています。マカフィー入社以前は、Alaisのオンラインビデオ圧縮技術セールス部門でバイスプレジデントを務めています。大学卒業後、最初に就職したIBMでは、セールスとセールス管理部門でさまざまな製品を担当していました。

カリフォルニア州立工科大学で経営管理の学位を取得し、ハーバード大学のエグゼクティブMBAプログラムを修了しています。
ページトップへ戻る

 
Michael Fey, Worldwide SVP — Advanced Technologies and Field Engineering, McAfee マイケル・フェイ
マカフィー社 フィールドセールスエンジニアリング/先進技術担当 シニアバイスプレジデント

マイケル・フェイについて
マカフィー社のフィールドセールスエンジニアリングと先進技術担当シニアバイスプレジデントを務める。既存および潜在顧客に対して、戦略的セキュリティソリューションの定義、設計、導入のサービスを提供するチームをワールドワイドで統括。中でも、プレセールスエンジニアおよびソリューションアーキテクトの両チームを担当。また、特許出願中のセキュリティ・オプティマイゼーション・モデルの開発にあたったチームも指揮。同モデルは現在、マカフィーの重要な顧客にロードマップを提示するための要となっている。

2007 年にマカフィーに入社するまでは、データセンター自動化分野のリーダーであるOpsware 社のテクニカルセールス部門の責任者を務めた。それ以前はMercury Interactive 社で数々の管理職を歴任。アプリケーションマネジメント、デベロップメント、ガバナンスのテクニカルセールスを統括した。また、Mercury入社前は、ロッキード・マーチン社で航空機C130-Jのソフトウェア・エンジニアリング・リードをしていました。 ”Security Battleground”を共著。

エンブリー・リドル航空大学卒。物理工学の学位を取得。副専攻科目としては数学を修了。
ページトップへ戻る