ここから本文です

マカフィー ウェブアドバイザー

より安全に
インターネットを楽しむために

  • Windows

マカフィー® サイトアドバイザーおよびマカフィー® サイトアドバイザー® ライブ サービスをアップデートし、マカフィー® ウェブアドバイザーとしてご提供致します
ツールバーレスの新デザインとわかり易いメッセージで、インターネットの脅威や取るべきアクションをユーザーに伝えます。

アップデートについて

マカフィー サイトアドバイザー ライブ製品を弊社サイトでご購入いただいた方
契約期間終了後、マカフィー ウェブアドバイザーにアップデートされます。
マカフィー リブセーフやマカフィー インターネットセキュリティなどに付属するマカフィー サイトアドバイザー製品をご使用中の方
4月中旬以降、順次、ウェブアドバイザーにアップデートされます。
マカフィー サイトアドバイザー ライブ製品をISPパートナー様経由でご購入いただいた方
2015年5月22日以降、自動的にマカフィー ウェブアドバイザーへアップデートを受け取ります。次回、ブラウザーを開いた時に、マカフィー ウェブアドバイザーに変更されます。
マカフィー ウェブアドバイザーに移行後、製品を再度インストールする場合は、下記ウェブサイトからサイトアドバイザーをインストールいただきますと、24時間に1回実行されるアップデートで、マカフィー ウェブアドバイザーがダウンロードされます。ブラウザーを再起動すると、マカフィー ウェブアドバイザーをご使用いただけます。

マカフィー サイトアドバイザーのウェブサイトはこちら新しいウィンドウを開きます

主な機能

検索結果の安全性表示アイコン

検索結果の各ウェブページに対する安全評価のアイコンが表示されます。また同様に、McAfee Secureの評価も明示されます。アイコンをマウスオーバーした際は、ウェブページに対する情報が表示されます。

危険なサイトへのアクセスをブロックのイメージ

危険なサイトへのアクセスをブロック

マカフィー サイトアドバイザーと同様に、Global Threat Intelligence(GTI)の情報を基に、表示するウェブページの安全性を判断しています。表示しようとしたウェブページに脅威が確認された場合は、警告が表示され、アクセスがブロックされます。

危険なサイトへのアクセスをブロックのイメージ

セキュリティ機能の設定チェック

ユーザーのウイルス対策およびファイアウォールの有効化をチェックします。Windowsアクションセンターに登録されているすべてのウイルス対策およびファイアウォールソリューションに対応しています。
ウイルス対策またはファイアウォールが無効になっていることを検出した場合、問題解決のためのメッセージを表示し、ユーザーの同意を得て、問題を自動的に解決するよう試みます。
問題が解決されない場合は、ユーザー自身がセキュリティ設定を確認できるように、Windowsアクションセンターを起動します。

セキュリティ機能の設定チェックのイメージ

ダウンロード保護

マカフィー サイトアドバイザーと同様に、ブラウザー経由でダウンロードするファイルをスキャンしています。ダウロードしようとしたファイルに脅威が確認された場合、警告メッセージを表示し、ユーザーにダウンロード可否を確認します。ダウンロード保護は、Google ChromeとMozilla Firefoxに対応しています。

ダウンロード保護のイメージ

パスワード保護

マカフィー ウェブアドバイザーは、ウェブサイトへログインする際に入力されるパスワードをチェックします。入力されたパスワードがアカウント乗っ取りの際に使用されやすいパスワードである場合、警告を表示し、予想されにくい強固なパスワードへの変更を促します。

パスワード保護のイメージ

機能一覧

  マカフィー
ウェブアドバイザー
マカフィー
サイトアドバイザー ライブ
マカフィー
サイトアドバイザー
危険なサイトへのアクセスブロック
検索結果のアイコン
安全検索
フィッシング対策
SNSでのリンク安全性評価
ダウンロード保護 ●(Chrome、Firefoxのみ)  
安全共有   ●(IEのみ)  
保護モード    
セキュリティ機能の設定チェック    
パスワード保護    
ツールバーレスインターフェース    

PAGE TOP