ここから本文です

マカフィーセキュリティニュース

知っておきたい、Windows 8 の安全性を活かす8つのヒント!

向上した安全性を正しく理解し、快適に使いこなそう!

タッチベースの操作性や新機能の搭載などで、いま注目のWindows 8。セキュリティ面でもさまざまに改善され安全性が大きく向上しています。しかし、過信は禁物です。セキュリティ機能が高まったとはいえ、やはりぜい弱性を抱えており、ユーザーはWindows 8で向上した安全性を正しく活かすため、そのポイントをしっかり理解することが大切です。

1セキュリティを確保し、安心してPCやタブレットを利用するために

1.サイバー犯罪者もWindows 8に便乗

待望のWindows 8がリリースされ、PC市場は盛り上がりを見せていますが、注目しているのはサイバー犯罪者も同じ。導入を検討しているユーザーは、無償版の提供や大幅な値引きを騙る詐欺に気を付けてください。クリックしたい誘導に駆られるかもしれませんが、その先にはマルウェアが巧妙に仕込まれている可能性があります。

2.限界があるセキュアブート

Windows 8のセキュアブートは、あらかじめユーザーが承認したアプリケーションしか起動時に読み込まない新機能です。しかし、この機能はマイクロソフトや認定サードパーティ以外で作成されたアプリを実行できないようにするものであり、不正なアプリを阻止する機能ではないことも覚えておいてください。

3.MS未承認のアプリ実行は危険性大!

同じ手間で大きな成果を挙げるため、サイバー犯罪者はAdobe Acrobat ReaderやJavaなど、PCやMac、スマホ、タブレットなど複数のデバイスで動くアプリをターゲットにするのが通例になっています。マイクロソフトが未承認のアプリには十分注意が必要です。

4.ダウンロード警告メッセージも過信は禁物!

スマートスキャン機能は、ダウンロードファイルを自動的にチェックして、悪意のあるファイルやプログラムでないかを判断します。しかし、判断の基準はファイルやWebサイトの評価のみに限られており、Facebookなどのソーシャルネットワークに仕掛けられる独自のフィッシング詐欺がカバーされていないことには注意が必要です。SNSはますます悪意のある素材を広げるターゲットになってきています。

5.ピクチャーパスワードってホントに安全?

ピクチャーパスワードは、これまでのキー入力とは異なり、ユーザーが画像を選択して3種類の連続したジェスチャをパスワードに設定するものです。楽しくて覚えるのも楽ですが、肩越しに操作を見られたり、離れた場所から指の動きを見られる可能性があることも忘れないでください。

6.Windowsアプリストアに迫る危険

世の中に出回っている無数のアプリの安全性を見極めるのは、必ずしも簡単ではありません。しかも、犯罪者たちはWindowsアプリストアの基準も理解しており、今後、規制をかいくぐって、危険なアプリを使用した詐欺行為を行うようになると考えられます。

7.Internet Explorer 10も万全ではない

マイクロソフトのセキュリティ機能は、Google ChromeやMozilla Firefoxなど他社のブラウザについては一切関知しません。さらに、安全性の評価が高いInternet Explorer 10も、常にぜい弱性や修正プログラムの必要性に迫られるでしょう。

8.マルウェア作成者のターゲット Windows 8

世界で最も利用されているマイクロソフトのOSは、マルウェア作成者の最大のターゲットとなりその脅威は進化を続けています。Windows 8の導入を検討しているユーザーも、すでに使っているユーザーも、信頼性の高いセキュリティソフトが不可欠であることに留意してください。

セキュリティアドバイス

十分なセキュリティ対策でWindows8を楽しもう

Windows8には新たな機能が搭載されていますが、従来どおりのセキュリティ対策が必要なのは言うまでもありません。最近のマルウェアや詐欺は、ソーシャルエンジニアリングを駆使しています。OSがどんな機能を持っていようとも、ユーザーが騙されてしまえば、どのような被害にあってもおかしくはありません。これまでと同じように注意しながら、新しいマシン、新しいOSを楽しんでください。

おすすめ製品

  • Windows
  • Mac
  • Android
  • iOS

マカフィー リブセーフ

安心してデジタルライフを送りたい方に

  • Windows

マカフィー トータルプロテクション2015

ご家族でインターネットを利用するなら


PAGE TOP