HOME > PC向け製品サポート

このページを友達に教える  | 

サポートカテゴリ一覧Q&A詳細

<< 戻る

アラート・エラー
タイトル契約期間内であっても、セキュリティセンター上に「契約の更新」を促す画面が表示される場合の対処方法
OSWindows XP Windows Vista Windows 7 Windows 8 
問題番号AR-00052作成日2012/11/22更新日2012/11/22

ページの最下部に当Q&Aに関する簡単なアンケートがございます。ご協力をお願いいたします。

このQ&Aでは、マカフィーの保護状態が赤(危険な状態)となり、ご契約期間内であってもセキュリティセンター上に「契約の更新」を促す画面が表示される場合の対処方法について解説しています。

現象

マカフィーの保護状態が赤(危険な状態)となり、ご契約期間内であってもセキュリティセンター上に「契約の更新」の画面が表示される場合の対処方法について解説しています。セキュリティセンターを起動すると、以下のメッセージが表示されます。
マカフィー・セキュリティセンターの表示例:

ご使用のパソコンは危険な状態です。
契約の更新
新たな脅威からパソコンを保護するため、今すぐ契約を更新して保護状態を維持してください。


類似する内容としてご契約期間が十分に残っているにも関わらず、以下のように契約がまもなく終了することを示す表示されます。
画面の右下に表示されるアラートの表示例:

大切なものを守る
お客様の契約はまもなく終了します。有効期限を過ぎると、新たに発生する脅威をマカフィー製品で阻止できなくなります。今すぐ契約を更新してください。操作は簡単です。1、2分で完了します。
契約を更新すると、脅威をすぐにブロックすることができます。セキュリティ対策が自動的に更新されるので、最新のウイルスやマルウェアも阻止することができます。

原因

これらは、ご契約期間が残っていない場合に表示されるメッセージですが、ご契約期間が十分に残っている場合にも以下のような原因により表示される場合があります。

  • ネットワークに接続していないなどによりサーバーとの同期が正しく行われていない
  • 製品が正しくインストールできていないなどにより誤った情報を読み出している

回避策

Step1 手動更新を実行する

手動更新を実行することにより問題を解決することができます。

  1. タスクトレイ(Mアイコン)を 右クリックします。
  2. [更新の確認]をクリックします。
  3. 更新が終了したら、保護状態が緑(ご使用のパソコンは保護されています。)に戻ったことを確認します。更新後、パソコンの再起動を求められる場合がありますので、その場合はパソコンの再起動を実施後に状態を確認ください。
  4. 更新を実施しても改善が無い場合は次のStep2をご覧ください。
Step2 再インストールする

手動更新を実行してもコンポーネントが最新にならない場合があります。その場合は製品を再インストールしていただくことで改善します。

  1. 下記のQ&Aより削除ツール(MCPR)をダウンロードして実行します。
    マカフィー・個人向け製品専用削除ツール(MCPR.exe)の使用方法
  2. 削除後、パソコンが再起動したら以下のQ&Aを参考に、マイアカウントからマカフィー製品を再インストールしてください。
    マカフィー・個人向け製品をWebからインストール(再インストール)する方法

ページTopに戻る


このQ&Aは役に立ちましたか?

Q&Aの改善のため、アンケートのご協力をお願いします。

    

お探しの回答が見つからない場合は、サポートページのTopページに戻り、
再度検索を行っていただく事をお勧めいたします。

<< 戻る