製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ解析センター
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
大企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
W32/Nimda@MMに感染してしまった場合の対処方法
既に感染してしまった場合は、次の方法にしたがってW32/Nimda@MMを駆除してください。

なお、本ツールはNimda亜種(W32/Nimda.d@MM,W32/Nimda.e@MM)にも対応しています。


【W32/Nimda@mmウイルスを駆除するツールのダウンロード】

Windows98/NT/2000用ツール
駆除ツールはこちらからダウンロードして下さい。
NimdaScn.zip

【ご注意】ご使用前に必ず使用許諾をお読みください。

本ツールは米AVERTが作成しており、随時更新されております。
バージョン情報および更新内容については、プログラム同梱のREADME.txtをご確認いただくか、「本ツールの使用方法」に掲載の翻訳をご覧ください。

本ツールの使用方法はこちら

【本ツールが行うこと】

  • システムがNimdaに感染しているかどうかを調べ、感染している場合は(VirusScanと同様に)、ウイルスの駆除を行います。
  • ウイルスによって作成されたネットワーク共有を削除します (※)
  • GUESTアカウントの削除を行います。(※)
  • ウイルスが作成したネットワーク共有に関連するすべてのレジストリを削除します。(※)

注1: (※)印の部分は、VirusScanではできません。本ツールによってのみ可能です。

本ツールはWindows95には対応しておりません。

Windows95用ツール
Windows95対応駆除ツールはこちら
NIMDA95J.zip
本ツールの使用方法につきましては、プログラム同梱のREADME.TXTを必ずお読み下さい。

【ご注意】ご使用前に必ず使用許諾をお読みください。


ウイルス定義ファイル(DATファイル)バージョン4160から機能に組み込まれています。
指定のウイルス定義ファイルバージョンに加え、指定の検知エンジン使って駆除を行って下さい。

ウイルス定義ファイルのダウンロードはこちら。


感染したシステムでは、以下のことを必ず行ってから、ウイルス駆除をして下さい。
  1. マイクロソフト社提供のパッチを適用します。
    パッチについては、こちらをご覧ください。
  2. 駆除に先立ち、2次感染を防ぐため、感染マシンをネットワークから切り離して下さい。
  3. 起動中のアプリケーションを終了します。
  4. IISサーバを停止します。
この作業を行わない場合は、再感染する怖れがあります。


※ご注意:
ウイルス検査の際は検査対象に「すべてのファイル」を指定することをお勧めします。
VirusScanによる駆除の際には、Nimdaに感染した.ASP, .HTM, .HTMLファイルについては、悪質JavaScriptを取り除くための切り詰めが行われます。
またワームが落とし込んだ自分自身のコピーは、削除されます