McAfee Product Improvement Program 1.1が収集する情報
製品 ePolicy Orchestrator Version 5.0
問題番号 EP13041702
環境

McAfee ePolicy Orchestrator 5.0
McAfee Product Improvement Program 1.1

詳細

Product Improvement Program(PIP)は、個人情報を除く以下の情報を収集します。
尚、以下は、当FAQ公開時に収集対象となっている情報の一覧です。

クライアントシステムから収集されるデータ
McAfee Agent プロセスで WER によって発生したアプリケーション エラー
AV DAT のリリース日とバージョン、エンジンのバージョン
BIOSのプロパティ
コンピューターのモデル、製造元、物理メモリーの合計
ディスク ドライブのプロパティ (名前、種類、サイズ、説明)
Endpoint Encryption for PC (EEPC)の利用状況
ソースの McLogEvent または McStore で発生したエラー
McAfee Agent からの DAT 更新ステータス
オンアクセス スキャナーによる検出件数 (VirusScan Enterprise ログから収集)
サードパーティ アプリケーションのリスト (名前、バージョン、インストール日など)
オペレーティング システムのプロパティ
プロセッサー名とアーキテクチャ、オペレーティング システムのアーキテクチャ (32 ビット、64 ビット)、プロセッサーのコア数、論理プロセッサー数
McAfee 製品機能の使用状況データ
Windowsイベント

McAfee ePOサーバーから収集されるデータ
暗号化されたシステムのアクティブ状態
ブランチ ノード情報 (すべてのポリシー)
McAfee ePO の管理者とユーザーの数
エージェント ハンドラーの数
Endpoint Encryption システムのバージョン
暗号化プロバイダーの数
McAfee ePO データベースのサイズ
リーフ ノード情報 (すべてのポリシー)
ポリシーの割り当て (すべてのポリシー)
SiteAdvisor Enterprise − 閲覧したURL の数 (URL の評価別)
SQL Server のバージョン
脅威イベント
タイムゾーンの時差 (分)

掲載日 2013/04/17

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間