MQM5.0からMQM6.0のバージョンアップにおける設定項目の引継ぎについて
製品 Quarantine Manager Version 6.x
OS - 問題番号 MQ09082001

McAfee Quarantine Manager 6.0 ユーザガイド の10ページに、"バージョン6.0へのデータベースの移行"という項目がございます。
この手順どおりに MQM5.0 → MQM6.0 の移行を行いますと、既に隔離されているメールやブラックリスト・ホワイトリストといった情報は引き継がれますが、ダイジェストメールの配信時間やメールサーバー情報等の設定は引き継がれず、デフォルトの設定に戻ります。

※主に、以下の "設定および診断" の項目が引き継がれません

理由は、MQMのバージョン5.0と6.0で管理者の構成が異なり、両バージョンにおける設定の相関性が無いためです。

  • MQM5.0:スーパー管理者/カスタマー管理者/ドメイン管理者
  • MQM6.0:スーパー管理者/ドメイン管理者

従いまして、MQM5.0からMQM6.0にデータベースを移行されましたら、大変お手数ですがMQMの設定は再度手動にてご実施下さい。
(ドメイン管理者が複数存在する場合、各々で手動による再設定が必要となります)

補足: MQM4.1/4.1.1 からバージョンアップした場合にも、上記設定項目は引き継がれません

掲載日 2009/08/20

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間