ダウンロードステータスページを有効時にクライアントでファイルをダウンロードしたとき不完全なファイルになる場合がある
製品 Secure Content Management (SCM) Appliance(e250/e500/e1000/3000シリーズ) Version 4.x
OS - 問題番号 SC08042201

ダウンロードステータスページを有効時にクライアントでファイルをダウンロードした場合はアプライアンスでスキャン終了した後、クライアントにダウンロードのポップアップが表示されます。スキャン終了後にアプライアンスでデータを保持できる期間は「データのタイムアウトの」の設定に依存します。「データのタイムアウトの」はデフォルト60秒となっておりますので、ダウンロードのポップアップが表示されてから60秒以内にダウンロードを開始しない場合は完全なファイルをダウンロードできませんのでご注意下さい。

<対応策>
  1. ダウンロードのポップアップが表示されてデフォルトであれば60秒以内にクライアントがダウンロードする
  2. GUI−「ポリシー」−「HTTP」−「詳細ポリシー」−「接続」−「外部(内部)から」−「タイムアウト」の「データのタイムアウト」からタイムアウト値を変更する

    ※データのタイムアウトの値を延ばすことによりデータを保持する時間が長くなるためシステムリソースを圧迫する可能性がありますので長時間にすることを推奨しておりません。推奨の値はデフォルトとなります。

  3. GUI−「ポリシー」−「HTTP」−「詳細ポリシー」−「プロトコル」−「外部(内部)から」−「ダウンロードステータスとデータのトリックル」からデータのトリックルを有効する

    ※デフォルト15秒後から一連のデータセットをクライアントでダウンロードすることができるためファイル全体がアプライアンスへダウンロードされることを待つ必要がありません。データのトリックルの詳細は製品ガイドをご参照下さい。

    http://www.mcafee.com/japan/licensed2/

掲載日 2008/04/22

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間