SpamKiller for Lotus Dominoを最新化する方法
製品 Anti-Spam module for Domino(旧名称:SpamKiller for Domino) Version 2.1
OS - 問題番号 SD06113001

詳細
この文書では、SpamKiller for Lotus Dominoを最新化する方法について、説明いたします。
※2006年12月現在、SpamKiller for Lotus Domino 2.1の最新版は、2.1 Patch2 です。

手順

  1. 企業ユーザー向けライセンス版ダウンロードへログインします。
    ※承認番号と製品コードが必要です。
  2. HotFix の項目から、「製品別Hotfixの詳細(リリースノート)及びダウンロード」のリンクをクリックしてください。
    SD06113001
  3. SpamKiller for Louts Domino 2.1 Patch2 の「ダウンロード」をクリックします。
    SD06113001
  4. SKD21P2JP.zip がダウンロードされます。任意の場所に保存してください。
  5. SKD21P2JP.zip を解凍します。
  6. Lotus Domino Server を停止します。
  7. 解凍されたファイルから、SKDPatch.exe を実行します。
  8. パッチインストーラが起動されます。[パッチを適用」ボタンをクリックして、パッチを適用してください。
  9. Lotus Domino Server を開始します。
  10. 下記のコマンドを入力し、Patch2が適用されていることを確認します。
    >tell mcafeeconfig version
    ------------------------------------------
    GSD/SKD Product Versions:
    ------------------------------------------
     On-Access - 5.3.1675.0
     On-Demand - Unknown
     Auto Update - 5.3.1675.0
     Config Manager - 5.3.1675.0
     Reporter - 5.3.1675.0
     Extension Manager - 5.3.1675.0
     Notes Scanner - 5.3.1670.0
     Conflt - 5.3.1675.0
    *** SpamKiller patched with patch 2 ***
    ------------------------------------------

掲載日 2006/11/30

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間