SpamKiller for Exchange 2.1.3 Patch 1修正項目一覧
製品 Anti-Spam module for Exchange(旧名称: SpamKiller for Exchange) Version 2.13
OS Windows 問題番号 SK07091001

SpamKiller for Exchange 2.1.3 Patch 1では、下記の問題が修正されています。

  1. Hub Transport Server が使用不可のとき、電子メール通知が失敗します。
  2. 新しいタスクがスケジュールされた場合、[次回の実行] オプションおよび [前回の実行] オプションがそのタスクに対して [不明] と表示されます。
  3. メール サイズのフィルタリング ルールが受信メールに適用されません。
  4. ステータス レポートがデータをまったく表示しません。

    注意:
    この問題は日本語環境でのみ発生します。

  5. RENU アップデートの後、RPC 例外が見られました。
  6. レジストリにある AgentEvents 用の VirusScanExclusions エントリが、クラスタ パスではなく共有ストレージを指しています。

掲載日 2007/09/10

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間