オペレーティングシステムをディスクコピーで展開する際の注意事項
製品 SaaS Endpoint Protection(旧名称:Total Protection Service) Version 5.4
OS すべて 問題番号 TP513071101
環境:

McAfee SaaS Endpoint Protection

問題:

SaaS Endpoint Protection (以下 SaaS EP) をインストールした状態で取得したシステムイメージを他の端末に復元した場合、SecurityCenter で正常に端末管理を行うことができません。

DriveImage などで取得した同システムイメージを使用し、復元した端末はすべて同一端末として識別されてしまいます。
SecurityCenter 上は、すべての端末が単一のシステム情報として扱われます。
(同システムイメージを使用したすべての端末情報が混在し 1 台として表示されます)

原因:

SaaS EP のインストール時にユニークな識別子が割り振られます。
インストール後のシステムイメージを復元した場合、同システムイメージを使用したすべての端末で同じ識別子を使用してしまいます。

解決策:

SecurityCenter で各端末毎に管理できるようにするため、マスターとなるコンピューターでは「初回ログオン時に SaaS EP のインストールが実行される」状態でシステムイメージを作成してください。
操作手順は、次のとおりです。

<マスターコンピューターでの操作手順>

(注)
操作手順にレジストリ操作が含まれています。事前にレジストリのバックアップを推奨します。

  1. McAfee SecurityCenter にログインします。
  2. [ユーティリティ] – [インストール] 欄からサイレントインストールツール (VsSetup.exe) をダウンロードし、任意の場所に保存します。
  3. Windows の [スタート] - [ファイル名を指定して実行] にて regedit と入力、[OK] をクリックし、レジストリエディタを開きます。
  4. [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\Current Version\RunOnce] キーを開きます。
  5. 右ペインにて [右クリック] - [新規(N)] - [文字列値(S)] をクリックし、作成された新しい値の名前を VSSETUP と書き換えます。
  6. 手順 5 にて作成された値 (VSSETUP) をダブルクリックし、値のデータ(V) にサイレントインストールコマンドを追記します。

(例)
サイレントインストールツール (VsSetup.exe) を C:\NAI 配下に保存した場合の設定イメージです。

[参考情報]

TP511122001: 最新のサイレントインストールツールやクリーンアップユーティリティ (アンインストール用ツール) の入手方法
TP509122506: サイレントインストール方法について

掲載日 2013/07/11

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間