アクセス保護のルール「大量メール配信型ワームにメールを送信させない」の中でデフォルトで除外設定されているプロセスはどのようなものがありますか?
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.0i
OS NT, 2000, XP, 2003 問題番号 VE04090101

【問題の詳細】
ルール「大量メール配信型ワームにメールを送信させない」内でデフォルトで除外設定されているプロセスについて

【原因】
VSE8.0iでは大量メール配信型ワームへの対応として、ポートブロック機能が付加されております。 デフォルトとして以下のようなルール設定がされております。

<ルール>
ルール名: 「大量メール配信型ワームにメールを送信させない」
ブロックするポート: 25
方向: 送信

【回避策】
ルール「大量メール配信型ワームにメールを送信させない」の中でデフォルトで除外設定されているプロセスは以下の通りです。

agent.exe
amgrsrvc.exe
eudora.exe
inetinfo.exe
msimn.exe
mozilla.exe
netscp.exe
nlnotes.exe
ntaskldr.exe
nsmtp.exe
nrouter.exe
outlook.exe
opera.exe
pine.exe
poco.exe
thebat.exe
thunderbird.exe
tomcat.exe
winpm-32.exe

上記以外のプロセスを除外対象として追加することも可能です。プロセスの追加/変更および削除方法につきましては「製品ガイド」をご覧ください。

掲載日 2004/09/01

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間