「不審なスタートアップアイテム(.exe)へのアクセスを禁止する」が動作しない
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.0i
OS - 問題番号 VE06061401

【問題】
スタートアッププログラムがブロックされない。
バッファーオーバーフロー攻撃を保護できない。

【原因】
バッファーオーバーフロー保護機能やアクセス保護機能が動作するためにはMcshieldサービスが起動している必要がございます。
Mcshieldサービスが起動する前にNetwork Serviceやシステムへのログオンが実行された場合には、これらの機能は動作いたしません。

【回避策】
「不審なスタートアップアイテム(.exe)へのアクセスを禁止する」といったスタートアップアイテムへの保護機能を活用するためにはMcshieldサービスが開始されたのち端末へログオンしてください。Mcshieldサービスが開始されるまでの時間はOSやスペックなど個々の端末により異なりますので、Mcshieldサービスが起動される時間はイベントログなどを参考にしてください。

バッファーオーバーフロー保護機能を活用するためにはMcshieldサービスが起動されている必要がございますが、Mcshieldサービス開始される前にNetwork Serviceが実行された場合、Mcshieldサービスが開始されるまでの間に脆弱性攻撃を受ける可能性がございますので、脆弱性のあるシステムへのパッチ早期適用を推奨いたします。

掲載日 2006/06/08

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間