定義ファイル更新時の「アップデート リストが存在していないか、または空です。 1 回のクリックでアップデートを実行します。」について
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 7.1, 8.0i
OS ALL 問題番号 VE06101602

概要
VirusScan Entreprise7.1または8.0iの「自動アップデート(手動アップデートまたはアップデートタスク)」実行時にこのメッセージが表示されます。

詳細
本メッセージにより、定義ファイルの更新時に問題が発生しているわけではありません。
メッセージはePOエージェントがインストールされている場合、「ePolicy Orchestratorエージェントモニタ」画面と「McAfee AutoUpdate」画面に表示されます。ePOエージェントがインストールされていない場合、「McAfee AutoUpdate」画面に表示されます。
また、同時にエージェントログにも記録されます。

これは、アップデートの必要性を確認するため、リポジトリ上のファイルとローカルのファイルを比較しており、アップデートの必要があるかを確認いたしております。
この時、VSE では有効になっていないなどの場合に出力されます。
また、ePO Agent ではセレクティブアップデートの設定によって、「パッケージがリポジトリにないため、アップデートが正常に適用されませんでした。」と出力される場合があります。

このメッセージが表示後に、定義ファイルの更新に失敗している場合は、その他の問題が考えられます。弊社サポートQ&Aよりエラーと考えられるキーワードから検索いただき、その対処方法をご参照下さい。

回避策
表示メッセージをそのまま無視いただくか、下の設定を行っていただき、現象が回避されるかをご確認ください。

[ePO サーバ上での設定変更]
  1. Update タスク を開き、設定 をクリックします。
  2. [次のコンポーネントのみアップデートする] が ON となっている場合、[すべてのコンポーネントをアップデートする] を ON とします。
  3. OK ボタンをクリックします。
  4. エージェントウェークアップコールを実施し、クライアントへタスクの変更を反映させます。
[VSE コンソールでの設定]
  1. アップデートタスク("自動アップデート")を開きます。
  2. アップデートオプション 内のチェックが OFF となっている場合、全て ON とします。
    ※ デフォルトでは全て ON となっています。
  3. OK をクリックします。

掲載日 2006/10/16
更新日 2006/10/24

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間