検疫マネージャについて
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.5i
OS ALL 問題番号 VE06120502

【概要】
本文書は、VirusScanEnterprise8.5iから追加された「検疫マネージャ」についての説明です。

【詳細】
「検疫マネージャ」は以下の機能が含まれます

  1. 「オンアクセススキャン」、「すべてのハードディスクをスキャン」で個々に指定していた隔離フォルダ(QUARANTINE)管理画面の統一
  2. 隔離したファイルの自動削除のスケジュール設定
  3. 隔離したファイルの内容管理機能強化
    1. 隔離した暗号ファイルの内容表示
    2. 隔離データの再スキャン
    3. 最新定義ファイルに更新し、誤検知だったかどうかの再確認
    4. 隔離データの復元(ウイルスファイルは復元しません。)

[隔離フォルダの設定、自動削除スケジュール設定]画面

[隔離ファイルの内容表示]画面

[隔離ファイルの、再スキャン、誤検知の確認、復元、削除]画面

その他の詳細は、「VirusScanEnterprise8.5i 製品ガイド」検疫マネージャのポリシーをご参照下さい。

掲載日 2006/12/05

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間