エラー「Common Updater サブシステムの初期化に失敗しました… 」
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.0
OS - 問題番号 VE07040202

自動アップデートを実行した際に、下記のようなエラーが表示される。

「Common Updater サブシステムの初期化に失敗しました。
McAfee Framework Service が実行されていることを確認してください。
McAfee Common Framework のエラー 80040154 が 1 で発生しました。」

原因
インストールに失敗している場合や、サードパーティのソフトの影響で削除されてしまった場合等で、以下のレジストリキーが欠けている場合に発生したします。

HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{50CCECAC72864CA09AD0E309A2318482}

回避策

下記の手順で、SecureFrameworkFactory.dll の登録してください。

  1. ファイル名「SecureFrameworkFactory.dll」が存在するか確認します。
    ファイルが存在しない場合は、他の正常に動作しているPCから「SecureFrameworkFactory.dll」をコピーします。
    デフォルトでは下記のフォルダ内に保存されています。
    C:\Program Files\Network Associates\Common Framework
  2. コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行します。
    regsvr32 "C:\Program Files\Network Associates\Common Framework\SecureFrameworkFactory.dll"
    ファイルパスは手順1で確認したフォルダになります。
    インストールパスをデフォルトから変更された場合は、変更後のパスを指定してください。
  3. メッセージが表示されたら、「OK」をクリックして閉じます。
  4. システムを再起動します。

掲載日 2007/04/02

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間