VirusScan Enterprise 8.5i Patch6.1と5300エンジンについて
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.5i
OS ALL 問題番号 VE08073101
概要

5300エンジンが既にインストールされた環境に VirusScan Enterprise 8.5i (以下 VSE8.5i) Patch6 をインストールすると、Patch6 はインストールされますが、インストーラにより 5200エンジンで使用されていたconfig.dat ファイルが復元されます。 この影響により VSE8.5i 8.5i が 5300 エンジン関連ファイルの読み込に失敗し OAS・ODS が起動しなくなります。 またDATの更新も行えなくなります。

VSE8.5i Patch6.1では、インストーラが修正され、5200エンジンのconfig.datファイルを復元しないように修正されました。

※ VSE8.5i Patch6 をダウンロードされたお客様は、お手数ですが削除していただき今後は VSE8.5i Patch6.1 をダウンロードし御利用ください。

VSE8.5i Patch6.1のダウンロードは こちらから

関連項目
  1. VSE 8.5i Patch 6.1が必要な状況
  2. VSE8.5i Patch 6を既にインストール環境でのPatch6.1の適用に関して
  3. 5300エンジンのインストール環境にVSE8.5i Patch6がインストールされた場合の現象及び回避策
関連項目詳細
  1. VSE8.5i Patch 6.1が必要な状況

    VSE8.5i Patch 5以下で、5300エンジンがインストールされている環境にPatchを適用する場合、Patch6 ではなくPatch6.1が必要となります。

    対策
    1. ePOサーバからPatch6.1を配布する場合
      ePOサーバにVSE8.5i Patch6.1をチェックインしCMA(MA) アップデートタスク、「タスク設定」で VSE8.5i Patchのインストールを有効にします。
      CMAのアップデートタスクでVSE8.5i Patch6.1がインストールされます。
    2. クライアントマシンで行う場合 VSE8.5i Patch6.1のSetup.exeを利用してインストールします。
    補足

    VSE8.5i Patch6.1インストール後、VSE8.5iのインストール済みパッチは “6” となります。

    VSE8.5i Patch6とVSE8.5i Patch6.1でインストール後に異なるのは以下のファイルです。

    VSE8.5i デフォルトインストールパス: C:\Program Files\McAfee\VirusScan Enterprise
    ファイル名: mfehidin.exe
    ファイルバージョン: 13.3.0.153

  2. VSE8.5i Patch6を既にインストール環境でのPatch6.1の適用に関して

    すでに Patch6 がインストールされている環境では Patch6.1のインストールは必要ありません。

    仮に、上記環境でクライアントマシンにPatch6.1をインストールしようとした場合、以下の様なメッセージが表示されますが問題ありません。

    現象

    OK をクリックして終了してください。

    補足

    CMAのアップデートタスクでVSE8.5i Patch6.1がインストールされようとした場合、クライアントマシンでこのポップアップメッセージは表示されません。 エージェントログに “ 製品で最新のHotFix 6が実行されています” といたメッセージがログされます。

  3. 5300エンジンがインストールされた端末に VSE8.5i Patch6がインストールされた場合

    以下の様な現象が発生します。

    OSの起動時、手動でMcShieldを開始した時のWindowsのアプリケーションイベントログのメッセージ

    コントロールパネル - サービス から停止しているOASを手動で開始しようとした場合のメッセージ

    ODSを手動で実施した場合のメッセージ

    ODSタスクで実行後の表示メッセージ (最終結果欄に「スキャンエンジンを初期化できません」と表示されます)

    対策

    DAT と 5300エンジンが含まれた SDAT(2008/08/28より提供予定)、もしくは 5300eng.exe ファイル (エンジンのみの SDAT) を利用し、SDATの強制上書インストールしてください。

    SDATの強制上書インストール方法については こちらから

    SDATもしくは 5300eng.exe のダウンロードは こちらから

    補足

    このVSE8.5i Patch6 のインストールに関連なく、それ以前のPatch環境で、上記「3」の現象などが発生した場合は「3」の対策を実施下さい。

掲載日 2008/07/31

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間