旧バージョン(VSE8.0i/8.5i) からのアップグレード後、「自動リポジトリリストを編集する」メニューがグレイアウトします
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.7i
OS ALL 問題番号 VE09030601

VirusScan Enterprise 8.0i が古いインストーラ(Patch10以下)でインストールされていた場合、バージョン8.0i/8.5iからバージョン8.7iへアップグレードを行うと「自動アップデートのリポジトリリストを編集する」メニューがグレイアウトします。

原因

Documents and settings\All Users\Application Data\McAfee\Common Framework フォルダが無い場合に現象が発生します。

解決策

本問題は、VirusScan Enterprise 8.7i Patch2以降で修正されています。VirusScan Enterprise 8.7iの最新Patchをダウンロードしご利用ください。

回避策

次のフォルダを新規に作成し、ログインユーザに書き込み権限を付与してください。

アップグレード前に作成するとアップグレード後に現象は発生しません。

アップグレード後に作成すると現象を回避できます。

  • Documents and settings\All Users\Application Data\McAfee\Common Framework フォルダ

掲載日 2009/03/06
更新日 2009/10/15

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間