VSE8.7iへのアップグレード後、アプリケーションログにイベントID 8、ソース : crypt32のエラーが記録される
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.7i
OS ALL 問題番号 VE09031702

VirusScan Enterprise 8.7iへのアップグレード後、以下のイベントが、Windowsのアプリケーションログ内に記録される場合があります。

これは、インターネット環境に接続していない端末にVirusScan Enterprise 8.7iをインストールした場合に発生します。

エラーのログには以下のような記載が行なわれます。

種類 エラー
ソース crypt32
分類 なし
イベント ID 8
説明 <http://www.download.windowsupdate.com/msdownload/ update/v3/static/trustedr/en/authrootseq.txt> からのサード パーティのルート一覧シーケンス番号の取得を自動更新できませんでした。エラー: タイムアウト期間が経過したため、この操作は終了しました。
詳細な情報は、http://support.microsoft.com の [ヘルプとサポート センター] を参照してください。
種類 エラー
ソース crypt32
分類 なし
イベント ID 8
説明 <http://www.download.windowsupdate.com/msdownload/ update/v3/static/trustedr/en/authrootseq.txt>> からのサード パーティのルート一覧シーケンス番号の取得を自動更新できませんでした。エラー:指定されたサーバーは、要求された操作を実行できません。
詳細な情報は、http://support.microsoft.com の [ヘルプとサポート センター] を参照してください。
原因:

VirusScan Enterprise 8.7iはインターネットの接続がない場合、crypt32のMicrosoft Windowsのサブシステムを使用するようになりました。このため本エラーが表示されるのはOS側の仕様となります。

回避策:

マカフィーはマイクロソフトに要求し、以下の技術文書がマイクロソフトより公開されています。本エラーの詳細については、マイクロソフト社にお問い合わせください。

http://support.microsoft.com/kb/317541/ja

掲載日 2009/03/17

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間