エラー1920が発生し、VirusScan Enterpriseのインストールに失敗します。(ユーザ名にダブルバイトをご利用の場合)
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.7i
OS ALL 問題番号 VE09040102

VirusScan Enterprise 8.7iのインストール中に、下記のエラーが発生する場合があります。

McAfee VirusScan Enterprise のインストーラ情報
エラー1920。サービスMcAfeeFramework(McAfeeFramework)の開始に失敗しました。システムサービスを開始する十分な特権があるかを確認してください。

原因

VirusScan Enterprise 8.7i はMcAfee Agent4.0が同梱されているため、下記のページの問題が発生し、McAfee Agentがインストールできないため、本現象が発生します。

問題番号 MA08082501
MA40 インストール時に、予期せぬエラー

解決策
  1. 2Byteを含まず且つ権限を持ったユーザでログインしなおして再度インストールを実行して下さい。インストール後は、2Byteを含むユーザでログインしても問題はありません。
  2. McAfee Agent 4.0 Patch1以降を先にインストールした後、VirusScan Enterprise 8.7iをインストールします。
  3. McAfee Agent 4.0 Patch1以降のモジュールを含んだVirusScan Enterprise 8.7iのリポスト版を使用します。

※ リポスト版のリリースは、2009年5月以降を予定しています。

掲載日 2009/04/01

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間