VirusScan Enterpriseにおいて、DAT・エンジンの更新ができず、McScript.logのサイズが大きくなる問題について
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.5i, 8.7i
OS ALL 問題番号 VE09042401
詳細:

以下のようなエラーが継続して発生し、DAT・エンジンの更新ができず、McScript.logが継続して大きくなる場合があります。

Error occurred while loading COM component: { XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX }

本現象は、ご利用のAgentによって動作が異なります。

  • Common Management Agent 3.6 (以下CMA 3.6) をご利用の場合

    McScript.logはタスクが強制終了されるか、ハードディスクが一杯になるまで、急速に増加し続けます。

  • McAfee Agent 4.0 (以下、MA 4.0) をご利用の場合

    McScript.logにはエラーが記録され、急速にログサイズの上限値まで達成しますが、上限値を超えることはなく、指定されたサイズ内で記録され続けます。

原因:

本問題は、5301エンジンへのアップグレード時に、バージョン情報の確認ができない場合などに発生します。

COMコンポーネントのエラーは、VirusScan Enterprise 8.0iから8.5iまたは8.7iへアップグレードした場合に、一部レジストリに旧情報が存在した場合やプラグインのDLLが読み込めない場合など、レジストリとファイル情報に不一致があると発生する可能性があります。

回避策:

本問題は、以下のいずれかの手順を実施し、回避が可能です。

<回避策1>

5301エンジンを手動でアップデートする。

本問題は、5301へのアップグレード時に発生します。5301アップデート後は発生しません。

以下のページを参考に、エラーが発生する端末で5301エンジンの手動アップデートを行なってください。

<回避策2>

VirusScan Enterpriseを削除、再インストールする。

COMコンポーネントのエラーは、レジストリの不整合やDLLが読み込めない場合などに発生します。このような場合は、VirusScan Enterpriseの削除、再インストールで改善する場合があります。一度製品を削除後、再度インストールを行なってください。

プログラムの追加と削除から削除できない場合や再インストール後も改善しない場合は、以下の手動削除方法を実施後、再インストールを行なってください。

※VirusScan Enterprise 8.0iからのアップグレードを行っている場合、現在のバージョンの削除後、「VirusScan Enterprise 8.0iの手動削除方法」を参照し残っているレジストリ・ファイルがないか確認ください。

掲載日 2009/04/24

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間