McUpdate.exe起動時に、セキュリティイベントに577が記録される
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.5i, 8.7i
OS ALL 問題番号 VE09043001

監査ポリシーの「特権使用の監査」で"失敗"を監査するように設定している場合、McUpdate.exe(弊社アップデートモジュール) 起動時に毎回以下のイベントが記載されます。

ソース:
Security
分類:
特権の使用
種類:
失敗の監査
イベント ID:
577
説明:
特権サービスの呼び出し:

サーバ: Security
サービス: -
プライマリユーザ名:
プライマリドメイン:
プライマリログオンID:
クライアントユーザ名: -
クライアントドメイン名: -
クライアントログオン ID: -
特権: SeTcbPlivilege

本イベントは、McUpdate.exeが起動時にSeTcbPlivilege権限を使用するAPIをコールしますが、デフォルトではOSでのSeTcbPlivilege特権(オペレーティング システムの一部として機能) への権限が制限されているため記録されます。本イベントが記載されても、製品の更新動作などに影響はありません。

掲載日 2009/04/30

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間