Oracle データベースサーバーをインストールした場合の VirusScan Enterpriseでの除外設定
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version ALL
OS ALL 問題番号 VE09050802
詳細:

Oracle データベースサーバー をインストールした場合の VirusScan Enterpriseでの推奨される除外設定を記載します。

重要: ePOでVirusScan Enterpriseの除外設定を行う場合の注意点
フォルダで除外する場合は、フォルダ名の最後に"\"を追加する必要があります。VSEをインストールした端末で設定する場合は、自動的に" \"がフォルダ名の後に追加されますが、ePolicy Orchestratorをご利用の場合は、手動で追加する必要があります。

推奨される除外項目 詳細 場所の例
データファイル データファイルは一般的に .dbf の拡張子を持ちます ....\oracle\oradata\*.dbf
REDOログファイル REDOログファイルは .log の拡張子を持ちます ....\oracle\Inventory\logs\*.log
制御ファイル 制御ファイルは .ctl の拡張子を持ちます ....\oracle\oradata\*.ctl

 

掲載日 2009/05/08

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間