VirusScan Enterprise8.7i Patch1 リパッケージ版をインストール時のWindows Defenderの挙動
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.7i Patch1 リパッケージ版
OS Vista 問題番号 VE09100201
問題の詳細

VirusScan Enterprise8.7i Patch1 リパッケージ版をローカルインストール時、Windows Defenderは削除を求められます。「Windows Defenderを削除しますか?」のダイアログで"はい"を選択すると、Winsows Defenderが有効の場合強制的に無効となります(削除はされません)。"いいえ"を選択すると、Winsows Defenderは有効のままとなります。VirusScan Enterprise8.7i Patch1 リパッケージ版をePolicy Orchestratorの配備タスクでインストール時、Windows Defenderは強制的に無効となります。

原因

Windows Defenderはスパイウェアから保護するソフトウェアであり、VirusScan Enterprise8.7iもTop 200のスパイウェアを検出、駆除する能力を備えており機能が競合する恐れがある為VirusScan Enterprise8.7i Patch1 リパッケージ版より上記動作が行なわれるようになりました。

掲載日 2009/10/02

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間