VSE8.5i patch6 以前のバージョンからVSE8.7i へアップグレードした端末が ePO4.5 と通信できない
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.5i, 8.7i
OS Windows 問題番号 VE09101601
問題の詳細

VirusScan Enterprise (VSE) 8.7i が導入された端末が ePolicy Orchestrator (ePO) 4.5 サーバと通信が行えない為、ポリシーが適用されない、フルプロパティ(インベントリ情報)の収集ができない場合があります。

以下のようなログが Server.log に出力されます。

--- snip ---
I #6124 NAIMSRV Received [PropsVersion] from GLOS-FP04:{CF9F21E0-1A15-4357-A5A0-B9986DD955B6}
I #6124 mod_epo Signing agent response package with key jmtqhzVRmiFlGXrXBCDG9jGGSas=
I #6132 NAIMSRV Received [PropsVersion] from MG007:{1DADB3B0-159D-4A46-BA90-2016B326EB1A}
I #6132 mod_epo Signing agent response package with key jmtqhzVRmiFlGXrXBCDG9jGGSas=
I #6140 NAIMSRV Received [IncProps] from MG007:{1DADB3B0-159D-4A46-BA90-2016B326EB1A}
I #6140 NAIMSRV Processing agent props for MG007({1DADB3B0-159D-4A46-BA90-2016B326EB1A})
E #6140 NAIMSRV naimserv::LoadPropsXMLBuffer: Failed to load props.xml, line 1, position: 1710, source:<Setting name="ScanMessageBodies">1</Setting></Section>
.
.
<ProductProperties SoftwareID="VIRUSCAN8600" delete="true"/></ns:naiProperties>, error: An invalid character was found in text content.
.
.
E #6140 NAIMSRV Failed to load props.xml file
E #6140 NAIMSRV naimserv::servdal_ModifyAgentProps: Modify agent props failed!
E #6140 mod_epo Failed to process agent request
.
.
E #4088 NAIMSRV Failed to load props.xml file
E #4088 NAIMSRV naimserv::servdal_ModifyAgentProps: Modify agent props failed!
--- snap ---

また下記のようなエラーが Agent_<端末名>.log に記録されます

--- snip ---
i #4752 Agent Agent communication session started
i #4752 Agent Agent is sending FULL PROPS package ePO server
i #4752 Agent Agent is connecting to ePO server
I #4752 naInet HTTP Session initialized
.
.
I #4752 naInet HTTP return code: HTTP/1.1 503 Server Busy
I #4752 naInet
I #4752 naInet ePO Server is busy and not accepting anymore connections
I #4752 naInet Received response [503 Server Busy] from ePO Server
I #4752 naihttp failed to receive package..server is busy
I #4752 naInet Uploaded file : C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\McAfee\Common Framework\Unpack\pkg00128933391960020000_19170.spkg to Server successfully
I #4752 imsite NaInet library returned code == 12
I #4752 naInet HTTP Session closed
i #4752 Agent ePO Server is busy
i #4752 Agent Agent communication session closed
I #4752 Agent Agent communication failed, result=-2403
I #4752 Agent Exponential retry in 817 seconds, error=-2403(Server busy or reaches max concurrent download number)
i #4752 Agent Agent will connect to the ePO Server in 13 minutes and 37 seconds.
--- snap ---

原因

VSE8.5i Patch6 以降が適用されていない端末でVSE8.7iにアップグレードするとVSE8.7iのインストーラが8.5i用のレジストリ値を保持してしまい、ePOエージェントがプロパティ情報を送信する際に不正なデータをを含んだ状態で送信する為に、ePOサーバから拒否される結果となります。

不正データの例:
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\McAfee\VSCore]
"PreferredLanguage"="□"

正常データの例:
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\McAfee\VSCore]
"PreferredLanguage"=""

解決策1

既に本事象が発生している端末については下記手順にて端末のレジストリ値を修正しePOとの通信を復旧させます。

※注意
本手順はレジストリ値の閲覧および修正を含みます。

  • 下記作業はシステム管理者権限でおこないます。レジストリの値の修正は慎重に行なってください。修正方法を誤るとシステムの誤動作の原因となることがあります。
  • 作業前にレジストリ情報のバックアップを取得されることを推奨します。詳しくは、http://support.microsoft.com/kb/256986 をご参照ください。
  • 正常インポート可能なことが確認できていない.REGファイルを実行するのはおやめください。

<手順>

  1. レジストリエディタを起動します
  2. 下記レジストリキーを参照します
    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\McAfee\VSCore]
  3. PreferredLanguage 右クリックし「編集」を選択します
  4. 値に登録されている内容をすべて消去し「OK」をクリックします
  5. レジストリエディタを終了します
解決策2

本事象が発生していない端末の場合、VSE8.7iへアップグレードする前に下記手順を実行し問題回避されることを推奨します

  • VSE8.7iへのアップグレード前に既存のVSE8.5i端末上で最新のパッチを適用しポリシー施行を行なってください

※本事象はVSE8.5i patch6 以降からのアップグレードでは発生しません

  • VSE8.7i patch2 リポスト版を利用してください。現在はpatch2単体のみでのリリースとなります。

VSE8.7i patch2 リポスト版は2009年10月中を予定しており本FAQの情報も併せて更新予定です。

掲載日 2009/10/16

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間