Virus Scan Enterprise 8.5i で、定義ファイル初回アップデート時に McShield.exe のメモリ使用率が上昇します
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.5i
OS - 問題番号 VE09111001
問題の詳細

Virus Scan Enterprise 8.5i インストール後、最初の自動アップデートタスク実行時に、McShield.exe のメモリ使用率が著しく上昇します。
この問題は、Virus Scan Enterprise 8.5i Patchなし 〜 Patch8 のいずれかを適用している環境にて発生致します。

原因

この問題は、定義ファイル(DAT)のファイルサイズが増加したことに起因致します。

解決策

◆解決策 1◆

HotFix458640 にて、この問題は修正されております。
入手・適用手順は下記となります。

  1. 下記の Web ページへアクセスします。
    http://www.mcafee.com/japan/licensed2/
  2. 承認番号及び SKU を入力の上、「送信」ボタンを押してログインします。
  3. 表示されたページ下部の「製品別HotFixの詳細(リリースノート)及びダウンロード」リンクをクリックします。
  4. VSE85HF458640 右横の「ダウンロード」ボタンをクリックし、対象の ZIP ファイルをダウンロードします。
  5. ダウンロードした ZIP ファイルを解凍し、VSE85HF458640.exe を実行します。

    ※事前に、VSE8.5i Patch 7 以降の適用が前提となります。VSE8.5i では現在 Patch8 までリリースされておりますので、最新パッチである Patch8 の適用を推奨致します。
    ※インストールに際しては、コンピュータの管理者権限が必要となります。

◆解決策 2◆

Virus Scan Enterprise 8.7i へアップグレードすることで本問題は解決されます。
下記 Web ページより、パッケージをダウンロードの上、製品のアップグレードをご実施下さい。
<製品ダウンロードページ>
  http://www.mcafee.com/japan/licensed2/

掲載日 2009/11/10

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間