VirusScan Enterpriseのインストール先をデフォルト以外に変更する場合の注意点
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.0, 8.5i, 8.7i
OS Windows 問題番号 VE09120301
問題の詳細

VirusScan Enterpriseのアンインストールを行なうと、インストール先ディレクトリはフォルダごと削除されます。

デフォルト以外のディレクトリを指定しインストールを行った環境でアンインストールを行なうと、ディレクトリ内部に存在する他のファイルも同時に削除されてしまう為注意が必要です。

例:VirusScan Enterprise のインストール先ディレクトリにC:\Program Files を指定すると、アンインストール時にProgram Files 直下にあるファイルを削除し、他のアプリケーションの動作に影響を及ぼす場合があります。

解決策

本内容は正常な動作です。

インストールディレクトリをデフォルト以外に変更してのインストールを行う場合は、VirusScan Enterprise 専用としてフォルダを作成し、インストール先にご指定ください。

また、他のファイルを格納しない様ご注意ください。

掲載日 2009/12/03

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間