McTray.exeのエラーが発生します
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.7i
OS 2003, XP 問題番号 VE09120802
詳細:

VirusScan Enterprise (VSE) 8.7i Patch2およびMcAfee Agent (MA) 4.5の環境において「McTray.exe」が初期化に失敗し次のような現象が発生することがあります。
* ePolicy Orchestrator (ePO) 管理下/非管理下ともに発生します。

現象1
Windowsログイン時等にMcTray.exeのエラーが発生します。

  • エラーメッセージ: 問題が発生したため、McTray.exeを終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。

現象2
次のようなWindowsアプリケーションイベントログが記録されます。

イベント ID: 1000
ソース: Application Error
説明: エラー発生アプリケーションmctray.exe, バージョン 2.1.0.135, エラー発生モジュール kernel32.dll, バージョン 5.1.2600.5781, エラー発生アドレス 0x00001804

※ 記録される「kernel32.dll」のバージョンはご利用のOSバージョンによって異なります。

改善策:

Hotfix(VSE870HF517265.Zip [349 KB])が作成されました。このHotfixをダウンロードし問題の発生するコンピュータに適用してください。

回避策:

また、以下いずれかの方法で問題の発生を未然に防ぐことができます。Patch2未適用の環境がある場合はPatch適用の際にあわせて実施してください。

  • VSE8.7i Patch1の環境において、Patch2を適用する前に本Hotfixを適用しておきます。
  • VSE8.7i Patch2の環境において、MA4.5をインストールする前に本Hotfixを適用しておきます。

※ 本Hotfixを適用するためにはPatch1もしくは2が適用されている必要があります。Patch未適用の場合はまずPatch1もしくは2を適用してください。(Patch2の適用を推奨します。)

参考情報:

VirusScan Enterprise および McAfee のシステムトレイアイコンが表示されません

掲載日 2009/12/08

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間