VSE 8.5i から VSE 8.7i へアップグレード時の「アクセス保護ルール」移行について
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.5i, 8.7i
OS ALL 問題番号 VE09122101
概要

VirusScan Enterprise 8.7i(VSE 8.7i)とVirusScan Enterprise 8.5i(VSE 8.5i)は同じアクセス保護ルールになります。但しVSE 8.5iからVSE 8.7iへアップグレード時は注意が必要です。

VSE 8.5からVSE 8.7iにアップグレードのウイザードにおいて、以前のバージョンを検出した場合に表示される“設定の保存”メニューの「設定を保存する」を有効にしてアップグレード時において

*VSE 8.5のアクセス保護のルールをデフォルトから変更していた場合
 ユーザ定義ルール欄に追加されます。

*VSE 8.5のアクセス保護のルールをデフォルトから変更していない場合
 VSE 8.7iで事前に定義されたアクセス保護にそのまま変更されます。

掲載日 2009/12/21

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間