VirusScan Enterprise 8.8 Patch 1 または Host Intrusion Prevention 8.0 Patch 1 (もしくはその両方)がインストール されている環境へ McAfee Application Control を追加するとシステムが停止することがあります
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.8 Patch 1, 8.7i Patch 5
OS Windows 7 問題番号 VE11112101
環境:

McAfee Application Control (Solidcore Solidifier) 5.1.2
McAfee VirusScan Enterprise 8.8 Patch 1
McAfee VirusScan Enterprise 8.7i Patch 5
McAfee Host Intrusion Prevention 8.0 Patch 1
Microsoft Windows 7

問題の概要1.:

VirusScan Enterprise(VSE) 8.8 Patch 1 をインストールすると、Windows アプリケーションログ上に下記のイベントがログされることがあります。(スキャンオブジェクトは変わる場合があります)

詳細:
プロセス "C:\Program Files\Common Files\McAfee\SystemCore\mcshield.exe" のスレッドは、要求の 完了に 90000 秒以上かかりました。

プロセスは終了します。
スレッド id : 4060 (0xfdc)
スレッド アドレス : 0x0000000074EE5D57
スレットド メッセージ :

Build VSCORE.14.4.0.354 / 5400.1158
Object being scanned = \Device\HarddiskVolume2\Program Files\Common Files\McAfee\SystemCore\mfeapfa.dll by System
4(0)(0)
4(0)(0)
7200(0)(0)
7595(0)(0)
7005(0)(0)
7004(0)(0)
5006(0)(0)

※表記上の注意
[〜要求の完了に90000秒以上かかりました]とありますが、90000ms=90秒となります。

またこの90秒とは…
90秒 = 45秒(スキャンタイムアウト時間)+45秒(スキャンタイムアウト後にスキャンスレッドを開放するまでの 待機時間)という意味となります。

問題の概要2.:

Host Intrusion Prevention(Host IPS) 8.0 をインストールすると、 IPS でモニタされたクライアントシステム上で動作しているプロセスが不安定となる場合があります。

解決策:

本問題の修正が含まれた Application Control (Solidcore Solidifier) Hotfix 5.1.2-8144 を公開いたしました。

Application Control Hotfix 5.1.2-8144(SOLIDCOR512-8144_WIN.zip) のダウンロードはこちらから

重要

ご使用中の環境ごとの対応方法:

  • VSE 8.8 Patch 1 (またはHost IPS 8.0 Patch 1, もしくはその両方)と Application Control がインストールされている場合には、 Application Control Hotfix 5.1.2-8144 を使ってアップグレードします。
  • VSE またはHost IPS 8.0 (もしくはその両方)とApplication Control がインストールされている場合には、Application Control Hotfix 5.1.2-8144 へアップグレード後にVSE 8.8 Patch 1 (またはHost IPS 8.0 Patch 1, もしくはその両方)をインストールしてください。
  • VSE 8.8 Patch 1 (またはHost IPS 8.0 Patch 1, もしくはその両方)の環境へApplication Control を追加インストールする場合には、 Application Control Hotfix 5.1.2-8144 を使用してインストールします。
  • Application Control の環境へ VSE 8.8 Patch 1 (またはHost IPS 8.0 Patch 1, もしくはその両方)を追加インストールする計画がある場合には、Application Control Hotfix 5.1.2-8144 を使ってアップグレード後に VSE 8.8 Patch 1 (またはHost IPS 8.0 Patch 1, もしくはその両方)をインストールしてください。
回避方法1.:

VSE 8.8 での手順

解決策に記載されている環境にて、この問題が発生しているコンピュータでは、コマンドの応答が非常に遅くなります。
そのような場合にはセーフ・モードでコンピュータを再起動のうえ、下記手順でアンチウィルスプロテクションを変更後に 解決策をご実施ください。

ウィンドウズノーマルモードで VSE オンアクセススキャナ設定を変更します。:

  1. "スタート"をクリックし、"すべてのプログラム"から"McAfee", "VirusScan コンソール"を選択して、コンソールを起動します。
  2. "オンアクセス スキャン"をダブルクリックして、オンアクセススキャンプロパティを開き、"システム起動時にオンアクセススキャンを有効にする"のチェックマークを外し、"OK"ボタンを押します。
  3. コンピュータを再起動します。

    VSE 8.8 Patch 1 をインストールする場合には Application Control Hotfix のインストール後に適用してください。:
  4. コントロールパネルから VSE 8.8 をアンインストールします。
  5. コンピュータを再起動します。
  6. Patch 1 が組み込まれていない VSE 8.8 フルパッケージインストーラを使用して、VSE 8.8 を再インストールします。

    注意:
    • VSE 8.8 Patch 1 をインストールする場合には、 Application Control Hotfix のインストール後に Patch 1 を適用してください。
    • この問題は VSE 8.7i Patch 5 でも発生します。

回避方法2.:

Host IPS 8.0 での手順

Application Control Hotfix がインストールされる迄、 Patch 1 が含まれないHost IPS 8.0 を使用してください。:

  1. コントロールパネルから Host IPS 8.0 をアンインストールします。
  2. コンピュータを再起動します。
  3. Patch 1 が組み込まれていない Host IPS 8.0フルパッケージインストーラを使用して、Host IPS 8.0 を 再インストールします。

    注意:
    Host IPS 8.0 をインストールする場合には Application Control Hotfix のインストール後に Patch 1 を適用してください。

掲載日 2011/11/24

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間