VSE8.7i Patch 5, VSE8.8 Patch1 あるいは HIP 8.0 Patch1 と DLPE 9.1/9.2が動作している場合、断続的なBugchecks(ブルースクリーン)エラーが発生する可能性があります
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.7i Patch 5, 8.8 Patch 1
OS 製品がサポートしているOS全て 問題番号 VE11122101
環境:

McAfee Data Loss Prevention Endpoint 9.1, 9.2
McAfee Host Intrusion Prevention 8.0 Patch 1
McAfee VirusScan Enterprise 8.8 Patch 1
McAfee VirusScan Enterprise 8.7i Patch 5

問題の概要:

Data Loss Prevention Endpoint (DLPE) 9.1/9.2がインストールされている環境に下記のうち 1つ以上の製品がシステム上にインストールされている場合、Bugchecks(C2またはD5)エラーが 断続的に発生する可能性があります。

VirusScan Enterprise (VSE) 8.7i Patch 5
VirusScan Enterprise (VSE) 8.8 Patch 1
Host Intrusion Prevention (HIP) 8.0 Patch 1

原因:

開発部門での調査の結果、VSE 8.7i Patch 5、VSE 8.8 Patch 1 および HIP 8.0 Patch1 で
使用されるカーネルコンポーネントに問題があることが判明しました。

DLPE 9.1/9.2 は 断続的にBugchecks(C2またはD5のどちらか)エラーを引き起こします。

解決策:

2012/02/23:
ライセンス製品ダウンロードページより本問題を修正した hotfix (DLPE_Hotfix_Package.zip) をダウンロードしてシステムにインストールして下さい。

<Hotfixのインストール>

- ローカルインストールする場合

  1. ダウンロードした DLPE_Hotfix_Package.zip を解凍します。
  2. 解凍したフォルダ内の DLPE_Hotfix_Installer_x86.exe を実行します。(64bitマシンの場合は DLPE_Hotfix_Installer_x64.exe)
  3. インストール後、システムを再起動します。

- ePO サーバからインストールする場合

  1. ePO サーバへパッケージチェックインをして下さい。
  2. [製品配備タスク] を使用してシステムへ展開して下さい。 (アップデートタスクではなく製品配備タスクとなります)
  3. システムを再起動後に修正は有効になります。(再起動要求はありません)
注意事項:

本Hotfixは、製品のご利用環境により、下記のシナリオに沿った手順で適用するようにご注意下さい。

  • DLPE および VSEがインストールされた状態で、VSEを8.7 patch5 または 8.8 patch1へアップグレードする場合は、本HotfixはVSEをアップグレードする前に適用して下さい。
  • DLPE および HIP がインストールされた状態で、HIPを8.0 patch1にアップグレードする場合は、本HotfixはHIPをアップグレードする前に適用して下さい。
  • VSE または HIPがインストールされた状態で、DLPEをインストールする場合は、本HotfixはDLPEをインストールする前に適用して下さい。

2011/12/21:
現在、この問題について調査中です。
詳細が判明いたしましたら、本 FAQ を随時更新する予定ですが、対応されるまでの間、
暫定措置として下記の回避策を検討下さい。

掲載日 2011/12/21
更新日 2012/02/23

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間