破損したコンテンツを通過させる設定
製品 WebShield Appliance 3000 シリーズ Version 3.0
OS - 問題番号 SH06053002

破損したコンテンツはRFCに準拠していないメール、メールが破損しているため正しくスキャンできない場合、zipやlzhなどのヘッダのファイル長を持つアーカイブを分割した場合(1つ目の分割ファイルはヘッダのファイル長からのファイルサイズが違うため)に検知されます。

対応策:
破損したコンテンツと検知してお客様の業務に影響が出るような場合は、通過をする設定に変更することも可能です。通過を許可する設定に変更した場合はコンテンツが破損している場合にウイルスや禁止語句が検出されない場合がございますので、設定はお客様の社内ポリシーに合わせて行ってください。

<設定方法>

  1. GUIへログインします。
  2. 「ポリシー」−「SMTP」−「コンテンツ」−「外部(内部)から」−「破損したコンテンツ」を開きます。
  3. デフォルトの設定の「コンテンツをHTMLアラートで置換」から「通過を許可」の設定に変更します。
  4. 「すべての変更を適用」ボタンを押下します。

掲載日 2006/05/30

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間