スパムサンプルの提出方法
製品 Email Gateway Version 7.x
OS - 問題番号 MEG13020601

弊社では誤認または検知ミスにより検知および通過したスパムサンプルを提出頂く事で、今後のSPAMルールセットの更新時の参考にさせて頂いております。

■ スパムサンプルの提出方法

スパムサンプル送信方法は、以下の件名、送信先、メール本文、添付ファイルにて以下指定のメールアドレスへお送り下さい。

  1. 件名

    メールの件名は以下のいずれかを記載して頂けます様、お願い申し上げます。

    false positive (誤認(誤検知)の疑いがある場合)

    false negative (通過(検知ミス)の疑い)

  2. スパムサンプルの送信先  (2013年9月以降メールアドレスが変更されました)

    Meg_falsepositives@mcafeesubmissions.com (誤認の疑いの場合)

    Meg_spam@mcafeesubmissions.com(検知ミスの疑いの場合)

  3. メールの本文

    サンプルを送信するメールの本文には、会社名と電話番号を英語にて記入して下さい。

    例)
    Customer Name: McAfee, Inc.
    Phone: 81-3-5428-1101

  4. スパムサンプルの添付

    サンプルの送信の際にはメールヘッダを含むすべての電子メールを「添付」として送信して下さい。メールの一部分だけの送信であると、解析できない場合があります。

    ※「Outlook」等の場合は、該当のメールをドラッグアンドドロップにて保存してください。

    ※なお、サンプルファイルは標準のSMTP/MIMEフォーマットである必要があります(Outlook Expressのeml形式など)。アプリケーション独自の専用の形式などの場合は解析が行えない場合があります。

■ 注意点

サンプルに送信されるメールの機密保持は保障致しかねます。その為、confidentialもしくはプライベートな電子メールサンプルを送付する際はご注意ください。また、このサンプルの送付はあくまでもお客様からのフィードバックを頂く為の窓口であり、早急かつ100%の定義ファイル/エンジンへ反映されるとは限りませんので、予めご了承下さい。

尚、本サンプル提出プロセス及び送付先に関しましてはメンテナンス等により予告なく変更及びサービスを停止する場合がございます。 サンプル送付が出来ない場合にはしばらく時間をおいてから再度送付してください。

以上

掲載日 2013/02/06
更新日 2013/09/13

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間