McAfee Complete Data Protection - Advanced

McAfee Complete Data Protection - Advanced

社内外の電子メール、印刷、USBドライブ経路のデータへのアクセスを監視・制御

企業データは、常に漏えい、盗難、暴露のリスクにさらされています。McAfee Complete Data Protection - Advancedスイートは、強力な暗号化、アクセス制御、ユーザーの行動監視を組み合わせることによって企業のデータを保護します。また、データ保護ポリシーを作成、適用し、McAfee ePolicy Orchestrator(ePO)ソフトウェアによってデータのセキュリティ管理を一元化できます。さらに、本スイートに含まれるMcAfee ePO Deep Commandにより、電源オフや無効化されている状態のPCに対してリモートから安全にアクセスしセキュリティ管理を実行できます。これにより、運用コストを節減しながら、企業のセキュリティを強化できます。

McAfee Complete Data Protection - Advancedスイートの主な機能:

電子メール、IM、印刷、USBドライブなどの一般的な経路における従業員の機密情報へのアクセス、使用および移動の方法を管理できます。従業員が社内、在宅、移動中のいずれの場合にもかかわらず、企業データ管理の保護を維持します。

従業員の認証情報を乗っ取るトロイの木馬、ワーム、ファイル共有アプリケーションによる機密データの漏えいを防止します。

デスクトップPC、ノートPC、タブレットその他の携帯デバイスに格納されているデータを保護します。暗号化する対象のファイルタイプやフォルダを管理できます。

ePO Deep Commandにより、Intel® vPro™ AMTを活用して、PCの電源オン/オフや暗号化の有無にかかわらず、リモートからのセキュアなアクセスを実現します。

高度なレポート機能と監査機能によって、セキュリティ要件を遵守していることを社内外の監査人、取締役、その他の主要な利害関係者に対して迅速かつ簡単に実証することができます。

McAfee Complete Data Protection - Advancedスイートは、ホスト型DLP、デバイス制御、ドライブ暗号化、ファイルおよびリムーバブルメディア暗号化、そしてePO Deep Commandを提供します。

特長と利点:

データのアクセス制御

社内または社外のどちらの場合にも、従業員による電子メール、IM、印刷、USBドライブなどの経路を使用したデータへのアクセスを監視および制御できます。

強力なデータ暗号化によるデバイスの保護

すべてのエンドポイントにフルディスク暗号化とアクセス制御を実施し、システムへの不正なアクセスを防止して、デバイスの紛失や盗難の際にも第三者による機密データの閲覧を防ぎます。

ファイルとフォルダの継続的な保護を確保

ファイルとフォルダに対して、データが組織内を移動、または組織外部に送信される前に、自動的かつ透過的に暗号化します。

リモートからのIT管理の実行範囲を拡大

ePO Deep Commandは、OSを超えたレベルでエンドポイントと通信することにより、セキュリティ管理者が、中央からMcAfee ePolicy Orchestratorを使用して、通常なら管理の困難なエンドポイントを設定、修復できるようにします。

データ保護の管理を一元化・簡易化

McAfee ePolicy Orchestrator(ePO)コンソールを使用して、セキュリティポリシーの定義や企業全体への適用、情報漏えいに対する保護状況(データ暗号化の状況、機密データの送受信情報の監視など)の確認などの作業を一元化し、集中管理を行うことができます。

高度なレポート機能と監査機能によってコンプライアンスを実証

エンドポイントの状況をリアルタイムに監視し、詳細なレポートを生成することで、組織内および規制当局によるプライバシー保護の要件に準拠していることを監査人、経営上層部およびその他の利害関係者に実証できます。

システム要件

注意:以下に示すのは、最小システム要件のみです。実際の要件は、環境の性質によって異なります。

管理サーバー

  • McAfee ePolicy Orchestrator

クライアント

【オペレーティングシステム】

  • Microsoft Windows 8
  • Microsoft Windows 7
  • Microsoft Windows Vista
  • Microsoft Windows XP SP3
  • Microsoft Windows 2012 Server
  • Microsoft Windows 2008 Server R2
  • Microsoft Windows 2003 Server R2

【ハードウェア要件】

  • CPU:Pentium III(1 GHz以上)
  • メモリ:最低512 MB(1 GBを推奨)
  • ハードディスク:最低300 MBの空き容量
  • ネットワーク接続:TCP/IPによるリモート管理

※ePO Deep Commandを使用する場合、インテルvPro AMT対応のCPUが必要になります。詳細についてはこちらをご参照ください。

※本スイートに含まれる製品やバージョンによって、システム要件が異なる場合があります。詳細な動作要件については、弊社または販売代理店様までお問い合わせください。

お問合せ

  • ご購入について
  • ご利用中の製品について