McAfee DLP Manager

McAfee DLP Manager

McAfee Data Loss Prevention (DLP) の柔軟な一元管理を実現

一元管理による時間と費用の節約

McAfee ePolicy Orchestrator (ePO) プラットフォームを使用してMcAfee DLPコンポーネントの設定、管理、監視を行うことができます。また、単一のコンソールから包括的なダッシュボードやレポートを作成できます。

権限ロールに基づいたインシデントビューの制御

一般的なリスクレポートから、詳細なインシデント情報まで、どの管理者が特定のインシデントを表示できるのかを決定できます。この権限ロールによるデータ変更権限の制御により、管理用ユーザーインターフェイス上の機密情報を保護できます。

修復作業の合理化

単一のコンソールからすべてのアラートの設定、管理、ステータスチェック、表示を行うことが可能です。権限のある管理者間でケースとインシデント情報を素早く受け渡しできます。

ケース管理の改善

修復を必要とするグループの関連インシデント情報を統合して対応することが可能です。多数のインシデントとケースを簡単に追跡し、様々なユーザーにインシデントへの対応をエスカレーションできます。詳細なケース履歴にアクセスすることが可能で、オフラインで表示する場合にはケースをエクスポートすることもできます。ケース情報が変更された場合、ケース所有者に電子メール通知を送信できます。

インシデントレポートの作成を簡略化

McAfee DLPコンポーネントによって生成されたすべてのインシデントを、一元管理ビューで確認できます。単一、複数、またはすべてのMcAfee DLPコンポーネントを網羅するレポートを生成できます。設定変更も可能なレポートは自動的に作成可能で、複数の形式のレポートを電子メールで自動送信するようにスケジューリングすることもできます。

高度なデータ制御の活用

データの検索、マイニング、分析を実行できます。機密情報の検索、その使用方法の確認、ルールの迅速な調整、ルールの即座の検証も行えます。

包括的なデータフィルタリングの実行

情報をすばやくフィルタリングし、関心のある特定のデータを取得できます。フィルタはデータ値を選択して自動的に作成でき、フィルタの追加、削除、合成も簡単に実行できます。

単一インターフェイスからの管理

単一インターフェイスであるMcAfee ePOプラットフォームから、すべてのMcAfee DLPコンポーネントの設定と管理を行い、CPU使用率、ディスク使用率、ネットワークスループットのステータスを容易に確認できます。また、管理対象のMcAfee DLPコンポーネントによって生成された修復アラームとアラートを表示できます。

ポリシーおよびルール実行の効率化

漏えい対象となる媒体の一部またはすべてに対してポリシーとルールを実行できます。電子メール通知、暗号化、検疫、リダイレクト、差し戻し、ブロックなどのアクションルールを構成して実行できます。

インシデントのワークフロー管理を改善

カスタマイズ可能なダッシュボードでインシデントを関連付けることが可能です。柔軟なケース管理ツールを通じて、特定の管理ユーザーに特定のインシデント/ケースの権限を委譲できます。これにより、ワークフローの変更によって影響を受けるルールを容易に更新できます。

設定済みの権限ロールを使用した迅速なセットアップ

予め設定されている権限ロールを使用して、管理者、法務、人事、コンプライアンス、運用、情報セキュリティなど、組織内の重要なチームのメンバーを迅速にセットアップできます。詳細に権限を各ロールに割り当てることができ、数回のクリックによる作業で追加の役割も定義することもできます。また、Microsoft Active Directoryと連携し、中央管理型認証サービスも利用可能です。

McAfee DLP Managerは、柔軟で効率性とコスト効果に優れたデータ制御ソリューションで、インシデント監視の合理化、動的な検索、容易なポリシー作成を実現します。DLP Managerは、単一のインターフェイスからすべてのMcAfee DLPコンポーネントの設定、制御、監視を行うことができます。

インシデントの可視性を提供— DLP Managerは、ネットワーク内に配置されたMcAfee DLP コンポーネントによって生成されたすべてのインシデントを表示できます。

レポートをすばやく作成— DLP Managerは、単一、複数、またはすべてのMcAfee DLPコンポーネントを網羅するレポートをすばやく作成し、ワーフクローに合わせてインシデントとケースを組み合わせることができます。

機密データの検索— DLP Managerは、すべてのMcAfee DLP コンポーネントに対して検索を行い機密データを発見し、その使用方法の把握、ルールの微調整、ポリシー内容の即座の検証を行うことができます。

すばやく使用を開始 — HIPAAやPCIなどの一般的な規制基準向けの定義済みポリシーを利用できます。

組み込まれた権限ロールを使用して迅速にセットアップ— DLP Managerには複数の権限ロールが予め組み込まれているため、重要なチームメンバーを迅速にセットアップできます。また、管理用の権限ロールをカスタマイズして追加できるので、各ユーザーの役割に応じた権限を設定し、その範囲でデータやインシデントに対する設定、管理、監視、対応を行わせることができます。

McAfee DLP Manager、McAfee DLP Monitor、McAfee DLP Discover、およびMcAfee DLP Preventが、McAfee DLP 5500アプライアンス上でサポートされます。DLP 5500アプライアンスは、6コアのCPU2基、RAM 32GB、10TBを超えるストレージを搭載した2Uフォームファクタのインテルベースのハードウェアです。DLPアプライアンスは、必要な機能が内蔵されたデバイスです。ソフトウェアおよびハードウェアの最小システム要件も、インストールが必要な追加のデータベースもありません。

※McAfee 5500アプライアンスは、ソフトウェアとは別にご購入いただく必要があります

McAfee DLP 5500アプライアンス

システム

  • CPU:2 x Intel E5-2620 6コア、15 Mキャッシュ、2.0 GHz、7.20 GT/s Intel QPI
  • メモリ:32 GB P1333 DDR3
  • ハードドライブ:8 x 2 TB 7,200 rpm 3.5インチ SATAドライブ
  • ネットワークインターフェイス:Intel Dual Copper 1GbpイーサネットI/Oモジュール
  • IPMI:Intel Remote Management Module 4 (AXXRMM4)

電源

  • 2 x 760W ホットスワップ電源モジュール

寸法

  • 17.57インチ(W) x 30.79インチ(H) x 3.43インチ(D)
  • 外形:2RU

重量

  • 約30 kg

温度

  • 動作温度:10°〜35°C/50°〜95°F
  • 湿度範囲:8%〜90%、凝結なし

コンプライアンス

  • NRTL認定(米国/カナダ)、CB認定(国際)
  • CE適合宣言書(欧州電気標準化委員会)
  • FCC/ICES-003 Class A認定(米国/カナダ)
  • USA-UL
  • VCCI認定(日本)
  • C-Tick適合宣言書(オーストラリア)
  • MED適合宣言書(ニュージーランド)
  • BSMI認定(台湾)
  • GOST R認定(ロシア)
  • CC認定(韓国)
  • IRAM認定(アルゼンチン)
  • エコロジー宣言(国際機関)
  • 中国版RoHS環境保護使用期限
  • パッケージ&商品リサイクリングマーク
  • SABS(南アフリカ共和国)
  • NOM/NYCE(メキシコ)
  • CCC認定(中国)
  • CC EAL 2+
  • FIPS準拠暗号化アルゴリズム
  • セキュリティ技術導入ガイド (STIG)

仮想アプライアンス最小ハードウェア要件

システム

  • CPU:インテルクアッドコア
  • メモリ:16 GB RAM
  • ハードドライブ:
    • ドライブ1:100GB(VMソフトウェア用)
    • ドライブ2:512GB(DLP仮想イメージ用)
  • ネットワークポート:仮想NIC x 4
  • BIOS:VTスレッドを有効化

お問合せ

  • ご購入について
  • ご利用中の製品について