製品情報
 
- McAfee製品ライブラリー
- 価格表
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ解析センター
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
大企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → 製品情報 → WebShield Appliance




セキュア・コンテンツ・マネジメントの重要性

今日の多面的なネットワーク環境では、社内外でやりとりされるコンテンツが企業のセキュリティポリシーやプライバシー規制に違反しないように徹底することが極めて重要です。McAfee(R)のセキュア・コンテンツ・マネジメント・ソリューションは、企業規模を問わず柔軟に対応できる統合技術を提供し、リソースの最適化、生産性の向上、セキュリティポリシー違反の防止を支援します。最高のウイルス/スパム/セキュアコンテンツの技術で、インターネットトラフィックの把握、制御、および管理を行うことができます。

新機能

・セットアップウイザード
見やすい・設定しやすいウイザードに従い情報を入力。わずか数ステップで、アプライアンスの設定が完了します。

・システムステータス
システムのステータス確認がGUI上で行えます。
 -トラフィック状況
 -ウイルス・スパム検出状況
 -バージョン状況
 -ハードウエア状況
 -ロードシェアリング情報
 -パフォーマンスモニター(CPU使用率、メモリ使用率、メモリスワップ率、ロード平均)

・強化されたトラブルシューティング機能
トラブルシューティングのためのさまざまな情報を、GUI上で提供します。

・ポリシーのフルサポート
McAfee WebShieldにはポリシー設定機能が搭載されており、IT管理者は論理グループを識別し、ウイルス対策、スパム対策、コンテンツフィルタリングのルールを一元的に適用できます。また、管理者は、事前設定ルールをカスタマイズし、ユーザベース全体に影響を及ぼすことなく、特定の個人またはグループに適用できます。さらに、McAfee WebShieldにより、管理者は、これまでに投資したLDAPディレクトリサービスを活用して、ユーザグループの定義・操作・管理を行い、明示的な定義なしにユーザグループにポリシーを適用できます。

・新しいダッシュボード、設定ウィザード
McAfee WebShieldでは、ネットワークの健全性とステータスを1つのダッシュボード上で確認できるので、管理者は時間を節約し、手間を省くことができます。また、ユーザフレンドリな設定ウィザードにより、ネットワーク上のデバイスの設定、踏査、設置がこれまで以上に容易になります。

・トランスポートロギング機能
デバッグ、障害対処、フォレンジックス(証拠収集解析)に使用する 各SMTPセッションのLog情報を幅広く収集できます。これまでよりも効率的に違反者やハッカーを識別できます。

・複数のアプライアンスの管理
1つのコンソールで、複数のアプライアンスの設定を同時に実施できます。管理者は、1つのデスクトップ/ブラウザインタフェースからアプライアンスを管理できます。

製品情報
製品トップページ
製品の特長
キャンペーン
ハードウェア
・ソフトウェア仕様

参考資料
データシート
技術白書

FAQ・資料請求
サポートQ&A
資料請求
この製品の特長
セキュア・コンテンツ・マネジメントに必要な機能を広くカバー
-McAfee WebShield Appliance(R) v3.0は、容易に設定できるインターネットゲートウェイのためのソリューションで、SMTP、HTTP、FTP、およびPOP3プロトコルの受信・送信トラフィックをスキャンします。比類のないパフォーマンスとウイルスの検知・駆除機能を提供し、あらゆる規模の企業にとって無用なスパム形式のメールや迷惑なコンテンツを防止します。スパイウエアやアドウエア、増加が著しいフィッシングメールなどにも幅広く対応する製品です。

■透過型ブリッジ構成を加えた3種類の接続構成
-McAfee WebShield Applianceはお客様の既存のネットワーク形態に応じて、プロキシ構成、透過型ルータ構成、透過型ブリッジ構成を選択することが可能です。

■ ロードシェアリング機能を標準サポート
-複数台のMcAfee WebShield Applianceで構成されたネットワークの場合、標準装備のロードシェアリング機能が威力を発揮。マスターサーバが処理分散を行い(高負荷時にはスキャンも実施)ロードシェアリングサーバがスキャンを実施してゲートウェイウイルス対策の効率化をサポートします。

■ 使いやすい豊富な管理機能
-簡単・迅速にゲートウェイでのウイルス対策を実現できるMcAfee WebShield Applianceは、管理者にとっての使いやすさにも万全の配慮を行き届かせました。豊富な管理機能が、円滑で効率的なシステム運用をサポートします。
  • 包括的なログ機能
    ゲートウェイの情報をつねに正確に把握することが可能。またアラート機能より、万一のウイルス感染時にも迅速に対応できます。
  • グラフィカルレポート機能
    ゲートウェイで検出率が高いウイルスの種類など、ウイルス情報をいつでも迅速に確認し、より有効な対策に活かすことができます。
  • 自動アップデート機能
    スキャンエンジンとウイルス定義ファイルをつねに最新の状態に更新し、ウイルス対策に万全を期します。
  • ePolicy Orchestratorとの連携機能
    McAfee製品の統合管理ツールであるePolicy Orchestratorとの連携により、ゲートウェイ上でのウイルスの発生をリアルタイムに把握することも可能です。また、より多様なレポート機能を利用することが可能になります。
  • 管理しやすいウェブベース・インターフェース
    McAfee WebShield Applianceは、ブラウザから容易に管理することが可能です。リモート管理や1台のマシンから複数のWebShield Applianceハードウエアを管理することもできます。