McAfee Policy Auditor

McAfee Policy Auditor

セキュリティ最適化、コンプライアンス効率化のための情報活用

コンプライアンスの確かな証拠が必要なら、お任せください。McAfee Policy Auditor は会社の内外のIT監査に必要なプロセスを自動化するために開発されました。その実績あるエージェント、幅広いコンテンツ標準のサポート、 McAfeee Policy Orchestrator(ePO)とのトランスペアレントな統合により、いつでも効率的に正確な監査を行うことができます。また、ペーパーワークが不要になり、リスク管理に集中することができます。

利点:

簡単な操作

ポリシー監査とエンドポイント セキュリティの管理を統合して手動の作業、労力、エラーを削減できます。

コンプライアンス関連作業の軽減

管理対象(エージェント ベース)と非管理対象(エージェントレス)の両方のシステムを包括的に監査できます。

コンプライアンスの一貫した検証

IT管理とポリシーを連携させたポリシーのテンプレートにより手動の作業を削減し、業界の主要な規制と社内のガバナンス ポリシーの遵守を検証できます。

ファイル統合監視ソリューションの一元化による購入コストの削減

基本的なファイル統合監視機能を使用して、主要なコンプライアンス要件を遵守できます。

監査の自動化

最新データによるレポートの自動作成、ダッシュボートとレポートのカスタマイズ、ビルトインの免責事項管理によって、コンプライアンス検証のための手順が短縮されます。

機能:

業界の規制に対応した事前定義のテンプレート

Policy AuditorにはPCI DSS、SOX、GLBA、 HIPAA、FISMAおよびISO 27001とCOBiTのベストプラクティスのフレームワークなど、多様なテンプレートが含まれています。

コンプライアンスの新しい標準による検証

McAfee Policy AuditorはSCAP(セキュリティ コンテンツ自動化プロトコル)に対応しているため、エージェントはFDCC(連邦デスクトップコア設定基準)を遵守できます。

ePOとVulnerability Managerの画期的な統合

単一のePOコンソールでエンドポイントのセキュリティとコンプライアンスを一元管理することでTCO(総保有コスト)を削減し、エージェントの導入、管理、レポート作成を簡略化できます。また、McAfee Vulnerability Managerとの統合により、エージェントとエージェントレスの監査を一括して行うことができます。

業界標準のインポートの自動化と高速化

Webサイトからベンチマークをわずか数分でダウンロードし、セキュリティガイダンスの詳細を表示できるため、規制の遵守を確認したり、セキュリティコミュニティのベストプラクティスをベースに社内のガバナンスポリシーを作成できます。

継続監査モデルとブラックアウトウィンドウ

セキュリティ チームと監査チームはデータ取得の頻度を設定して、正確なデータによるレポート作成を自動化できます。また、重要なビジネスアプリケーションの中断を防止するため、ブラックアウトウィンドウを設定して、重要なビジネスの時間帯における監査データの取得を停止できます。

スクリプトによるポリシー監査機能の拡張

監査対象システムがサポートするスクリプト言語で規則を作成して、Policy Agentの監査機能を拡張できます。VBScript、Batch files、Perl、Pythonなどの言語が使用できます。

コンプライアンスはセキュリティの向上を目的としているのに、ITのリスク管理では監査とエンドポイントのポリシー管理に多くの時間が費やされるのはなぜでしょう。それは、多様なエンドポイントのプロセスと製品によって臨時の作業やエラーが発生するからです。
マカフィーは最適な選択肢を提供します。統合と革新によって優れたROIと生産性の大幅な向上が実現するだけでなく、監査の不安も解消されます。

McAfee Policy AuditorはエージェントベースのIT監査専用ソリューションです。SCAPセキュリティ標準を活用して、会社の内外のIT監査に必要なプロセスを自動化できます。IT管理機能と事前定義のポリシーが連携しているため、PCI DSS、SOX、 GLBA、HIPAA、FISMAおよびISO 27001 とCOBiTのベストプラクティスのフレームワークなど、多様なコンプライアンスの規定に合わせて一貫性と正確性に優れたレポートを作成できるほか、ベンチマークもわずか数分でダウンロードできます。

McAfeee Policy Orchestrator(ePO)とのシームレスな統合により、エージェントの導入、管理、レポート作成を簡単に行うことができます。単一のePOコンソールでエンドポイントのセキュリティとコンプライアンスを一元管理できるため、所有コストも削減できます。

また、管理対象(エージェントベース)と管理非対象(エージェントレス)の両方のシステムを一括して監査できます。それによって監査作業が軽減されるだけでなく、すべての資産をまとめた単一のレポートを作成できます。

Policy Auditorには堅牢なファイル統合監視機能が追加されているため、他のソリューションを購入したり、他のエージェントを導入する必要はありません。監査対象システムがサポートするスクリプト言語で規則を作成して、Policy Agentの監査機能を拡張することもできます。VBScript、Batch files、Perl、Pythonなどの言語が使用できます。

継続監査モデルでは監査データの更新プロセスが自動化され、免責事項を組み込むことでビジネスプロセスをサポートします。

革新性と統合性に優れたMcAfee Policy Auditorは、運用プロセスを中心にコンプライアンス検証のすべての手順を合理化します。簡単で迅速なコンプライアンスの検証をぜひ体験してみてください。

McAfee Policy Auditorはサーバーやデスクトップクラスのシステムに、エージェントは監査対象の各ホストにインストールします。

サーバーとコンソール

空きディスク容量:1GB以上(初回インストール版)、1.5 GB以上(アップグレード版)、2GB(推奨)
メモリ:1GB以上のRAM(2−4GBを推奨)
CPU:インテル(R) Pentium III プロセッサークラス1.0GHz以上(1.5GHz以上のマルチプロセッサーまたはデュアルコアを推奨)
OS:Microsoft(R) Windows(R) 2000 SP4/Microsoft(R) Windows Server(R) 2003 SP1/2 R2(32ビット)

McAfeeエージェント

インテル(R) Pentium プロセッサークラス、インテル(R) Celeron プロセッサーまたはその互換プロセッサ
メモリ:512 MB以上(1 GB推奨)
空きディスク容量:100MB
OS:Microsoft(R) Windows(R) 2000、Microsoft(R) Windows(R) XP、 Microsoft(R) Windows(R) 2003、Microsoft(R) Windows Vista(R)、
Linux Red Hat、Macintosh

データベース ソフトウェア

Microsoft(R) SQL Server(R) 2005、MSDE 2000またはSQL 2000

リモート コンソール

Webブラウザのみを使用する新しいWebベースのコンソール

Webブラウザ:

Microsoft(R) Internet Explorer(R) 6.0 SP1以降

お問合せ

  • ご購入について
  • ご利用中の製品について