McAfee Risk Advisor

McAfee Risk Advisor

的確なセキュリティ対策へのアドバイスで運用負担を軽減

McAfee Risk Advisorでは脅威、脆弱性、解決策に関する情報をプロアクティブに統合されるため、リスクが存在する資産を正確に特定できます。推測が排除され、適切なタイミングで適切な場所のセキュリティを強化でき、時間とコストを削減することができます。

利点:

セキュリティの的確な適用によるセキュリティ投資の最適化

セキュリティ コストとビジネスの生産性のバランスを最適化できます。

可視性の強化

セキュリティが必要な場所を簡単に確認できます。

導入済みセキュリティ製品のROIの向上

脅威に対する既存の解決策の効果が向上します。

継続的なコンプライアンス

脅威ごとに関係する規制と必要な解決策を特定できます。

運用効率の向上

自動化により、脅威とその対象資産を関連付けるプロセスを迅速化できます。

「緊急パッチ」の回避

リスクの存在するシステムと問題解決が必要な場所を正確に把握できます。

機能:

簡単なレポート作成

環境内のすべての資産についてリスクの有無を表示するなど、McAfee Risk Advisorではリスクの存在する資産を即座に特定して、詳細を確認できます。

McAfee ePolicy Orchestrator(ePO)プラットフォームの活用

Risk AdvisorではMcAfee ePolicy Orchestrator(ePO)とのシームレスな統合により、そのセキュリティ管理の堅牢なフレームワークを活用できます。

McAfee主要製品との統合

McAfee Risk AdvisorはMcAfee VirusScan EnterpriseMcAfee Policy AuditorMcAfee Vulnerability Manager、McAfee Host Intrusion Protection、McAfee Network Security ManagerなどのMcAfee製品と緊密に統合されています。

包括的な脅威のフィード ビューア

脅威の説明と概要、詳細な分析、解決策と推奨策、各種通知や脆弱性に関するディスカッショングループへのリンク、さまざまなリスク評価手法、影響されるアプリケーション、コンプライアンスに対する脅威の影響など、特定の脅威に関する重要な情報がわかりやすく表示されます。

多くの企業はセキュリティのコストや保護の妥当性を確認せずに、推量に基づいてセキュリティ製品を導入しています。このような企業にとって、ビジネスの目標と生産性に合わせてセキュリティを強化することは容易なことではありません。

McAfee Risk Advisorでは、脅威のフィードを脆弱性と解決策の情報に関連付けることによって、早急に対応する必要のある資産を特定できるため、推測に頼らずに重要な資産を保護できます。また、必要な解決策を特定して、必要なときに適用できます。そのため、悪意のあるハッカー、ウイルスを利用したマルウェアなど、それぞれの企業が直面する最大の脅威からビジネスを保護できます。

Risk Advisorの主要なコンポーネントである脅威のフィードビューアでは、数千の情報収集ポイントを持つ当社の調査機関、McAfee Avert Labsが配信する新旧の脅威に関する最新情報が提供されます。この脅威フィードには脅威の説明と分析に加え、推奨される解決策、脅威のディスカッショングループや各種通知へのリンク、多様なリスク評価手法、影響するアプリケーション、コンプライアンスに対する脅威の影響などが表示されます。Risk Advisorの脅威のフィードはMcAfeeの解決策と連携(弊社製品を導入済みの場合)しているため、最適なセキュリティを確保できます。その結果、Risk Advisorでは投資を短期間で回収でき、優先度の高い作業に集中できます。

最小システム要件

  • McAfee ePolicy Orchestrator 4.0(パッチ5以上)/4.5
  • Microsoft(R) Windows Server 2003(SP2以降)
  • Microsoft(R) SQL Server 2005(SP1以降)

最適システム要件

お問合せ

  • ご購入について
  • ご利用中の製品について