McAfee VirusScan Enterprise for Offline Virtual Images

McAfee VirusScan Enterprise for Offline Virtual Images

仮想環境向け目的別セキュリティ

オフラインの仮想マシンのマルウェア対策セキュリティプロファイルが最新の状態に保たれていなければ、ITインフラストラクチャ全体がリスクにさらされる可能性があります。オフラインの状態のままで仮想マシンのセキュリティを確保すれば、オンラインに戻されたときに仮想マシンがリスクをもたらすことがなくなります。

30日評価版ダウンロード

利点:

仮想環境管理のITのオーバーヘッドを削減

オフラインの仮想マシンのマルウェア対策セキュリティプロファイルは、仮想マシンをオンラインにせずに自動的に更新できるため、残りの仮想環境への影響のリスクを軽減できます。

仮想マシンのセキュリティを保証

オフラインの間に仮想マシンのスキャン、クリーンアップ、アップデートが自動的に実行されるため、休止状態の仮想マシンが企業ネットワークを脅かすことがなくなります。

セキュリティ管理によってアーカイブを効率化

物理、仮想両環境の共通のセキュリティ管理機能によってITの労力を最小限に抑え、コストを削減できます。業界トップの仮想化ベンダーをサポートする単一のソリューションにより、ITの移行の問題を低減できます。

管理の問題を最小化

単一のソリューションを導入することで、複数の管理が難しいポイント製品を仮想環境のタイプごとに購入する必要がなくなります。このソリューションはMicrosoft、VMwareなどのベンダーをサポートし、ISOイメージのスキャンを実行します。

障害復旧を改善

バックアップ仮想イメージが運用環境に投入される前に、マルウェアシグネチャが最新の状態であることが保証されます。

機能:

業界初のオフライン仮想マシン向け専用セキュリティソリューション

コスト効果が高く効率的なVM向けのセキュリティソリューションは企業にとって不可欠ですが、組織全体のセキュリティ対策ではたびたび見逃されてきました。VSE for Offline Virtual Imagesはこの種のオフラインVM向け専用製品としては、唯一のセキュリティソリューションです。

リアルタイムの障害復旧を改善

オフライン仮想マシンがオンラインに戻されるときには、シグネチャファイルは最新の状態であるため、仮想マシンが仮想環境にリスクをもたらすことはありません。

テストおよび開発環境の強力な保護

仮想マシンが増加することが多いテストおよび開発環境のマルウェア対策保護を最新の状態に維持します。

オンデマンドのセキュリティと柔軟性

仮想イメージが運用環境に投入される前に、そのマルウェアシグネチャが最新であることが保証されます。無制限の数の仮想マシンをサポートするオンデマンドのセキュリティで、拡張性と柔軟性を実現します。

仮想環境のための単一のセキュリティソリューション

VMware、Microsoftを含むすべての主な仮想環境に対応する単一のセキュリティソリューションにより、IT移行の問題を低減できます。

開発および運用環境のための統合ソリューション

運用(障害復旧)および運用前(テストおよび開発)の仮想環境の両方に対する統合ソリューションによって、IT部門の負担を軽減できます。

ESX4及びVMsafe対応

ESX4への対応及び業界初のVMsafe機能を利用したセキュリティ製品です。

企業には仮想化の導入が急速に広まっています。Gartnerによると、1/4のワークロードが仮想マシン(VM)上で実行されています。VMの主な利点の1つは、エンタープライズアプリケーションのプロビジョニングと導入が物理サーバより容易になることです。場合によっては、VMでのアプリケーションの起動にはわずか15分しかかかりません。しかし安易な導入がVMの増殖を招き、IT環境全体に作成されるVMは増加するばかりで、小さなワークロードに対しても作成されています。VMは、パッチの適用、設定、テスト、バックアップのために定期的にオフラインに移す必要があります。アーカイブされたVMの一部は、コンプライアンスおよび法規制に対応するために、長期間オフラインに置かれることがあります。

一般的に、長期間休眠状態にあるVMは最新のパッチでアップデートされていません。このようなアーカイブされたVMは、再度アクティブ化されたときに、マルウェア対策セキュリティプロファイルが最新状態でない危険性があります。これらのVMは、パッチを適用していない脆弱性を多数持っており、組織の仮想インフラストラクチャ全体をリスクにさらす可能性があります。

グローバルエンタープライズに選ばれているセキュリティベンダーであるマカフィーは、信頼を得ている技術を仮想化環境にも拡大し、業界初のオフラインVM専用セキュリティソリューションを提供します。McAfee VirusScan Enterprise for Offline Virtual Imagesを使用すれば、VMのセキュリティを確保すると同時に、物理、仮想両環境の共通のセキュリティ管理機能によってITの労力を最小限に抑え、コストを削減することができます。このソリューションは、休眠状態だったVMをオンラインに移すことなく、そのマルウェア対策セキュリティプロファイルのスキャニング、クリーンアップ、アップデートを行います。オフラインの仮想マシンは、最終的にオンラインに戻されたときには更新されたシグネチャでスキャン、クリーンアップし、完全にセキュリティが確保されているため、IT環境に脅威をもたらすことはありません。スキャン、クリーニング、シグネチャ更新プロセスは自動化されているため、VMをセキュリティパッチ、更新、メンテナンスのために適宜オンラインに戻すIT部門の作業は大幅に軽減されます。

注意:以下に示すのは、最小システム要件のみです。実際の要件は、環境の性質によって異なります。

サポートするOS

  • Microsoft Windows XP( 32ビット)
  • Microsoft Windows Vista( 32ビット/64ビット)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2( 32ビット)
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard/Enterprise/ Datacenterエディション (32ビット/64ビット、Server Coresはサポー トしません)

仮想環境

  • VMwareバージョン/VMware ESXバージョン:4.0、4.1
  • vCenterバージョン:4.0、4.1

仮想OS

  • Microsoft Windows XP( 32ビット/64ビット)SP1 以降
  • Microsoft Windows Vista( 32ビット/64ビット) SP1、SP2
  • Microsoft Windows Server 2003( 32ビット)SP1以降
  • Microsoft Windows Server 2003 R2( 32ビット)SP1以降
  • Microsoft Windows Server 2008( 32ビット/64ビット)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2( 64ビット)

お問合せ

  • ご購入について
  • ご利用中の製品について