Microsoft Windows XPのOSサポート終了に対する移行ソリューションについて

2014年4月9日(日本時間)、日本マイクロソフト株式会社によるMicrosoft Windows XPのサポート期間が終了し、新たな修正プログラムの提供が停止されました。OSを移行することが望ましい状況ですが、現実的にはコストやリソース、あるいは技術的な事情により、そのままWindows XPを継続使用しなければならない場合が発生していることも予想されます。
これによって懸念されるのは、放置された脆弱性によるセキュリティリスクが高くなることです。
マカフィーでは、このような脅威を低減するため、エンタープライズ製品のサポートを一定期間延長し、お客様の環境 に合わせた対策をご提案いたします。

マカフィーの製品サポート期間延長について

それぞれの課題に対するソリューション

Windows XPの利用を継続せざるを得ない

独自に開発した業務アプリケーション等が、新しいOSと互換性がない

ソリューション/COE環境、専用端末の場合
Application Controlの導入
システムが固定されたCOE環境のPCや特定業務のみに使用される専用端末などに最適なホワイトリスト型のマルウェア対策。
システムを固定化することで、修正パッチがリリースされない脆弱性を狙った攻撃の実行をブロックします。
Application Controlの詳細はこちら
ソリューション/非COE環境、一般利用PCの場合
Host Intrusion Preventionの導入
ユーザが自由にアプリケーションをインストール可能な環境や、業務で幅広く利用する一般利用PCでの脆弱性対策として、脆弱性シールドによる修正パッチがリリースされない脆弱性をブロックします。
移行後も引き続き脆弱性や不正通信からエンドポイントを保護することができます。
Host Intrusion Preventionの詳細はこちら
ソリューション/ネットワークでの保護
Network Security Platformの導入
ネットワーク上で脆弱性予防の対策を講じることで、ネットワーク経由での攻撃に対するリスクを軽減。
移行後までのリスク軽減だけでなく、移行後も引き続きネットワーク経由の攻撃予防に活用でき、セキュリティレベルの向上に役立ちます。
Network Security Platformの詳細はこちら

セキュリティ対策を見直して新しいOSに移行したい

新たな環境に合わせセキュリティ対策を見直し導入したい

ソリューション
Complete Endpoint Protectionの導入
新旧端末、異なるセキュリティ対策をすべて統合一元管理(ePolicy Orchestrator)。
移行に伴うセキュリティ運用の見直し、最適化によるコスト削減・運用負担の低下を実現します。
Complete Endpoint Protectionの詳細はこちら

製品・サービスに関するお問い合わせはこちらから

ページトップへ戻る

個人向け製品のWindows XPサポートについてはこちら