Content

Operation Auroraについて

システムを防護する方法

ご使用のコンピュータに、マカフィーのセキュリティソフトウェアの最新バージョンがインストールされており、ウイルス定義ファイルも最新版に更新され、Operation Auroraのマルウェア実行を防止できるよう設定されていることを確認してください。マカフィーのセキュリティソフトウェアをお持ちでない場合は、こちらから無料のトライアル製品をダウンロードしてご利用いただけます。

また、マイクロソフトからはブラウザのセキュリティレベルを「高」にするよう、マカフィーからはマイクロソフトがInternet Explorerの修正パッチをリリースするまでサイトの閲覧を既知のページに制限するよう、推奨しています。ブラウザのセキュリティレベルを「高」に変更するには、[ツール]メニューから[インターネット オプション]を選び、[セキュリティ]のタブをクリックして「高」を選択してください。

自分のシステムに、感染の危険性があるかどうかを確認する方法

マイクロソフトのInternet Explorerに存在する脆弱性を突いて、攻撃を開始する実行コードは、残念ながらすでに広く出回っており、インターネットで簡単に入手できます。これはつまり、問題の脆弱性を突いた攻撃がますます増加していることを意味するため、マイクロソフトのInternet Explorerのユーザは重大な被害を受ける危険にさらされていると考えてよいでしょう。

これについては、マイクロソフトがすでに攻撃を確認して、影響される危険性のあるプラットフォームの組み合わせを公開しています。影響を受けるプラットフォームの組み合わせは次のとおりです。
「Microsoft Windows 2000 Service Pack 4」と「Internet Explorer 6 Service Pack 1」の組み合わせ
および「Windows XP」「Windows Server 2003」「Windows Vista」「Windows Server 2008」「Windows 7」「Windows Server 2008 R2」と「Internet Explorer 6」「Internet Explorer 7」「Internet Explorer 8」の組み合わせ。

マカフィーでは無料ウイルス診断ツール「マカフィー・フリースキャン」をはじめ、さまざまなサービスを提供しています。

マカフィー製品とサービスによる対策
マカフィー・無料ウイルス診断ツール「フリースキャン」※
※ ウイルスチェックのみで駆除はできません。
詳細はこちら
マカフィー・セキュリティ製品 30日間無料版
無料でご利用いただけるお試し版(有償版の製品と同機能)をぜひお試しください。ウイルスの駆除が可能です。
今すぐ無料版をダウンロード
マカフィー・ウイルス駆除サービス
専門スタッフがお客様のパソコンにリモート接続し、ウイルスの診断・駆除を行います。
サービスの詳細を見る